Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠期の高血圧治療には画一的アプローチは適さない

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠期の高血圧治療には画一的アプローチは適さない

このエントリーをはてなブックマークに追加
最適な妊娠期の高血圧治療とは
ブリティッシュコロンビア大学の研究チームは、「Canadian Journal of Cardiology」にて、妊娠中の女性の治療を決定するうえで、画一的なアプローチは適さないと発表した。

妊娠期の高血圧および関連する疾患は、妊娠合併症の主な要因となる。適切な治療が行われず、最悪な場合、母子と胎児の死亡も避けられない。

現在、妊娠高血圧の治療ガイドラインでは、服薬による血圧管理を推奨している。しかしながら、今回、患者である女性に対して妊娠期の高血圧治療に伴う副作用および効き目に対する理解を深めさせ、当事者の価値観と治療を一致させることが重要であると報告されている。

妊娠高血圧
治療に対する理解と選好・価値観と一致した治療を
研究チームは、カナダ人の女性183人を対象に、高血圧の管理における選好、治療を選択するうえでの優先事項、治療の決定に伴う副作用のリスクファクターに関して、オンライン調査を実施した。

被験者のうち半数は厳しい血圧管理を希望していたが、一方、残り半数の女性は緩やかな管理を好むと回答した。治療に対する希望には、民族性、学歴(大学進学の有無)、高血圧や妊娠に関する知識と関連性が認められた。

今回の調査は、非常に小規模のランダム化比較試験であるものの、研究チームは、患者である女性が、妊娠期における高血圧の治療に伴うリスク(副作用)およびベネフィット(効き目)に関する理解をより深め、当事者の価値観と治療が一致した、より良い治療法の決定を促すことが重要であると考える。

妊娠は、女性の人生において唯一無二の期間である。妊娠期の治療に関する決定は、母親と子供二人に対して影響するが、母親である女性の希望・意向が反映されることが少ない。治療が女性の価値観に沿う場合、治療の遵守・有効性は改善される。母親である女性は多様性な選好・価値観をもち、意思決定に関してニーズは異なる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

THE UNIVERSITY OF BRITISH COLUMBIA
https://www.med.ubc.ca/

Amazon.co.jp : 妊娠高血圧 に関連する商品



  • 腸内細菌の免疫変調によって神経発達障害を防げる(6月4日)
  • 「軽い気持ち」で妊活をはじめてもいいですか?(6月4日)
  • ルーツによって生殖能力が増加する(6月3日)
  • 不妊治療の「ステップアップ」に関するデータ分析の結果が公開される(6月3日)
  • しゅふJOB総研が「不妊治療」に関するアンケート調査を実施(6月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->