Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

個別化医療によって体外受精成功率が高まる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























個別化医療によって体外受精成功率が高まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
不妊治療における個別化医療の重要性
エストニア研究評議会(Estonian Research Council)は、パーソナライズされたアプローチにより、体外受精成功率が高まるとの見解を示した。不妊治療プロトコルは平均的な女性に基づくゆえ、不妊治療を受ける女性のうち約30%は、体外受精においてパーソナライズされたアプローチが必要であるという。

個別化医療
個別化医療により体外受精成功率の向上
エストニアでは、2019年より、2ヶ所の総合病院「East Tallinn Central Hospital(ETCH:東タリン中央病院)」「West Tallinn Central Hospital(WTCH:西タリン中央病院)」にて、個別化医療を導入した不妊治療向けパイロットプログラムが開始された。

体外受精の失敗を繰り返す、不妊要因が不明である女性を対象とし、プログラム開始以降、参加者50人のうち17人が妊娠成立し、すでに子供3人が誕生している。

参加者の女性は、標準の治療計画に従って、胚移植の実施前に子宮内膜の着床能を検査した。小さな組織サンプルを採取し、バイオマーカー遺伝子67個をDNAシーケンシング技術にて分析した。

胚の着床に対する子宮内膜の受け入れ準備を計測したところ、3人に1人はパーソナライズされた治療計画が必要であり、標準的治療タイミングが必ずしも最適であるといえないことが判明した。

今回の研究結果より、研究チームは、体外受精の失敗を繰り返す場合、子宮内膜着床能(BRA)検査を推奨している。子宮内膜着床能検査の結果に基づき、胚移植タイミングを変えることにより、体外受精の成功率は向上すると結論付けている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Estonian Research Council
https://researchinestonia.eu/

Amazon.co.jp : 個別化医療 に関連する商品



  • 帝王切開後の出産を考える(3月28日)
  • 父親の低タンパク質の食事により子供の代謝は変化する(3月28日)
  • 不妊治療はオンラインプログラムの導入で妊娠率が倍増する(3月25日)
  • 「NPO法人Fine」がオンライン相談を開始(3月25日)
  • 低出産体重児は母親の心機能の変化に起因する(3月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->