Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

季節によって受胎可能性・妊娠確率が変化する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























季節によって受胎可能性・妊娠確率が変化する

このエントリーをはてなブックマークに追加
季節による妊娠確率の変化
ボストン大学公衆衛生大学院(BUSPH)の研究チームは、「Human Reproduction」にて、季節よって受胎可能性・妊娠確率(妊娠が成立する可能性)が変化し、アメリカ南部では、晩秋から初冬に掛けて妊娠確率が高まると発表した。

北アメリカおよびデンマークでは、低緯度の地域ほど9月に妊活を始め、11月下旬から12月初旬に妊娠可能性が最も高くなる傾向にあると報告された。現状、アメリカでは初秋に出産ピークを迎え、スカンジナビアなど緯度が高くなるに伴い、出産ピークは速まり、春から夏に掛けて出産件数が増加している。

妊娠確率
妊活の開始時期や妊活期間に着目した研究
これまで、出産における季節変動パターンに関する研究論文は報告されているが、妊活の開始時期や妊活期間に着目した先行研究はなかった。今回、研究チームは、初の試みとして、妊活開始に好ましく、短い妊活期間にて妊娠が成立する時期を調査した。

研究チームは、妊娠に関するオンライン調査「PRESTO」(ボストン大学公衆衛生大学院が実施)より妊活中の女性14331人(アメリカ人5827人を含む)、「Snart Gravid and Snart Foraeldre」(オーフス大学)よりデンマーク人8504人を対象に、妊活時期および妊活期間のデータを収集した。

また、被験者に対しては、月経サイクル12回を上限として妊活期間中2ヶ月ごと、妊娠成立まで詳細調査(性交渉の回数、月経、喫煙習慣、食生活、学歴、収入など)が実施された。

出産における季節変動パターンを考慮したうえで、妊活の開始時期を考えた場合、受胎可能性・妊娠確率は晩春に低下し、晩秋においてピークに達することが認められた。また、北アメリカでは、デンマークよりも秋に妊活を開始する傾向が強くなった。

研究チームは、今回の研究を通して、季節によって生殖能力が変化する要因は特定できなかったが、気象変数(気温、湿度、ビタミンDなど)や環境曝露(大気汚染など)が生殖能力に影響を与えると推測する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

BU School of Medicine
https://www.bu.edu/


Amazon.co.jp : 妊娠確率 に関連する商品



  • 妊活カウンセラーが教える「不妊治療終了後に頼るべき場所」(3月30日)
  • 帝王切開後の出産を考える(3月28日)
  • 父親の低タンパク質の食事により子供の代謝は変化する(3月28日)
  • 不妊治療はオンラインプログラムの導入で妊娠率が倍増する(3月25日)
  • 「NPO法人Fine」がオンライン相談を開始(3月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->