Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

大東建託が「不妊治療休業」などの新制度を導入

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























大東建託が「不妊治療休業」などの新制度を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事と家庭の両立を支援
大東建託株式会社が、2020年1月1日より「家族休暇」「不妊治療休業」を導入していることを2020年2月13日付けのプレスリリースで公表した。

大東建託
年次有給休暇とは別に年5日(※)取得できる「家族休暇」は、子どもだけでなく配偶者や父母、祖父母も対象。不妊治療や妊娠、介護などの特別な理由がない通常時でも取得でき、1時間単位での取得も可能となっている。

大東建託
「不妊治療休業」は、妊娠が判明するまで最長3年休業できる制度。不妊治療中の人・不妊治療を開始する人なら男女を問わず利用可能となっている。

大東建託株式会社ではこのほかに妊娠中の人を対象とした「マタニティー休暇」を新たに導入。子育て支援制度(看護休暇、育児短時間勤務)の利用可能期間も中学校卒業までに延長できるようになった。

従業員が活躍できる環境をめざして
今回導入された新制度は、2019年4月に発足した「いろどりLAB(ラボ)」の活動から誕生。

さまざまな部署から集まった11人の女性社員からなる「いろどりLAB(ラボ)」は、すべての従業員が活躍することが企業の持続的成長には不可欠であるという考えのもと「十人十色を活かすことができる企業に。」というスローガンをかかげてアンケート調査などの活動を行っている。

(画像は大東建託株式会社のプレスリリースより)
(画像は大東建託株式会社公式ホームページより)


外部リンク

大東建託株式会社のプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

大東建託株式会社公式ホームページ
https://www.kentaku.co.jp


Amazon.co.jp : 大東建託 に関連する商品



  • 帝王切開後の出産を考える(3月28日)
  • 父親の低タンパク質の食事により子供の代謝は変化する(3月28日)
  • 不妊治療はオンラインプログラムの導入で妊娠率が倍増する(3月25日)
  • 「NPO法人Fine」がオンライン相談を開始(3月25日)
  • 低出産体重児は母親の心機能の変化に起因する(3月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->