Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

卵胞期後期のプロゲステロン量は卵巣刺激を併用した人工授精の妊娠率・出生率にどのくらい影響するのだろうか?

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























卵胞期後期のプロゲステロン量は卵巣刺激を併用した人工授精の妊娠率・出生率にどのくらい影響するのだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
原因不明の不妊に対する影響
5月31日、オクラホマ大学ヘルス・サイエンス・センター(アメリカ)の研究チームは、「Human Reproduction」にて、原因不明の不妊に対する卵巣刺激を併用した人工授精(OS-IUI)において、一定の範囲で卵胞期後期のプロゲステロン分泌量と臨床妊娠率ならびに出生率は関連性があると発表した。

卵胞期後期(排卵される卵胞が成熟する時期)におけるプロゲステロンの増加が1.0ng/ml以上1.5ng/ml未満である場合、プロゲステロン量が上昇するほど臨床妊娠率ならびに出生率は高まる傾向にあるという。

プロゲステロン
卵胞期後期のプロゲステロン量と卵巣刺激を併用した人工授精の臨床妊娠率・出生率
これまで、卵巣刺激を用いた新鮮胚移植では、排卵・採卵後のプロゲステロン増加と出生率の低下には関連性があると報告されている。

そこで今回、研究チームは、「Assessment of Multiple Intrauterine Gestations from Ovarian Stimulation (AMIGOS)」を用いて、原因不明の不妊患者828人(卵巣刺激を併用した人工授精2121サイクル)を対象に前向きコホート研究を行った。

卵胞期後期のプロゲステロン増加量に基づき、サイクルあたりの臨床妊娠率、妊娠結果、出生率を比較したところ、1.0ng/ml以上1.5ng/ml未満のグループは出生率が顕著に高まり、臨床妊娠率も向上した。

一方、プロゲステロン増加が1.5ng/m以上のグループは、プロゲステロンと臨床妊娠率・出生率において関連性は認められなかった。

また、プロゲステロン増加が多いグループ(1.5ng/m以上)と増加が少ないグループ(1.0ng/m以下)を比較したところ、臨床妊娠率ならびに出生率において大きな差異は確認されなかった。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : プロゲステロン に関連する商品
  • 体外受精ならびに顕微授精の出生率を向上させる新薬が開発される(7月16日)
  • 5年以上凍結保存した着床率および出生率が低下する(7月11日)
  • 妊娠中のインフルエンザ感染に伴う合併症は低用量アスピリンで治療できる(7月8日)
  • 高温は妊娠に悪影響を及ぼす(7月8日)
  • 不妊治療と子供の自閉スペクトラム症リスクに関係性はない(7月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ