Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

デキサメタゾンとクロミフェンはPCOS治療に効果がある

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























デキサメタゾンとクロミフェンはPCOS治療に効果がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
PCOSに対する治療効果
5月20日、中国の研究チームは、「BMC Women’s Health」にて、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療において、「デキサメタゾン」「クロミフェン」は効果があると発表した。

「デキサメタゾン」「クロミフェン」の併用により、PCOS患者のホルモン値が改善し、排卵率および妊娠率が高まるという。

PCOS
PCOS治療におけるデキサメタゾンとクロミフェンの効果
PCOSに対する排卵誘発において、第一選択薬は「クロミフェン」となる。しかしながら、クロミフェン療法の効果が得られないPCOS患者も少なくない。

そこで今回、研究チームは、学術情報データーベース「PubMed」「Embase」「Cochrane Library」などに基づき、PCOS治療におけるデキサメタゾンとクロミフェンの効果を検証した。

研究論文12文献、PCOS患者1270人を対象にメタ分析を行ったところ、「デキサメタゾン」「クロミフェン」の併用群は、コントロール群と比べて、妊娠率、排卵率、ホルモン値(黄体形成ホルモン、エストラジオール、プロゲステロン、テストステロン)の著しい改善が認められた。

ただし、排卵刺激ホルモン、排卵誘発や卵巣刺激に伴う副作用において差異はなかったという。

これより、研究チームは、PCOS治療において「デキサメタゾン」「クロミフェン」の併用は有益であり、ホルモン値を改善させて排卵率および妊娠率を高める効果があると示唆する。

(画像はBMC Women’s Healthより)


外部リンク

BMC Women’s Health
https://bmcwomenshealth.biomedcentral.com/


Amazon.co.jp : PCOS に関連する商品
  • 妊娠中のメトホルミン服用による長期的な悪影響はない(6月6日)
  • 卵胞期後期のプロゲステロン量は卵巣刺激を併用した人工授精の妊娠率・出生率にどのくらい影響するのだろうか?(6月4日)
  • キスペプチン量が高いとPCOSの妊娠可能性が増す(6月3日)
  • フッ化物が子どもの脳に悪影響を与える可能性がある(5月27日)
  • 健康的なライフスタイルを維持しながら不妊治療を受けるには自己管理スキルと周囲の理解が欠かせない(5月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ