Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

睡眠時間や勤務時間帯が自然流産率を高める

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























睡眠時間や勤務時間帯が自然流産率を高める

このエントリーをはてなブックマークに追加
自然流産率を高める要因
12月6日、ボストン大学公衆衛生学、スタンフォード大学公衆衛生学(アメリカ)などの研究チームは、「Human Reproduction」にて、睡眠時間、勤務時間帯、自然流産率には関連性があると発表した。

パートナーである男性の睡眠時間の短さ、女性の夜間勤務、夫婦・カップル間の勤務時間帯のすれ違いは、自然流産率を高めるという。

自然流産
男性の睡眠時間、日中以外の勤務スケジュール、自然流産率における関係性
これまで、複数の研究から睡眠時間、リプロダクティブ・ヘルスにおける関連性が報告されている。睡眠時間は受胎確率に影響を及ぼすという。また、特定の職業や勤務スケジュールは、自然流産リスクを高めるともいわれる。

そこで今回、研究チームは、2013年6月から2023年4月の期間、北アメリカ在住の妊活中の女性9357人ならびにパートナーである男性2602人を対象に前向きコホート研究を行い、男性の睡眠時間、日中以外の勤務スケジュール、自然流産率における関係性を検証した。

被験者らが回答した平均睡眠時間(過去1ヶ月)と勤務スケジュールに関するアンケートに基づきデータを分析したところ、女性の睡眠時間と自然流産に関連性は認められなかった。推奨睡眠時間(7~8.9時間)の女性、睡眠時間が6時間未満の女性において、自然流産率に大きな差異は見られなかった。

一方、パートナーである男性の睡眠時間の短さ、女性の夜間勤務は、自然流産率に影響を与えることが確認された。特に、男性が日中勤務でなく、夫婦・カップル間の勤務時間帯にすれ違いが生じる場合、日中勤務の夫婦・カップルと比べて自然流産率は増した。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : 自然流産 に関連する商品
  • トリガーの日の血清プロゲステロン濃度が凍結融解胚移植の出生率に影響を与える(4月12日)
  • 腎機能低下は男性不妊リスクを高める要因になる(4月8日)
  • 妊娠中の魚摂取量は子供の心疾患リスクに影響を与えない(4月4日)
  • 抗てんかん薬「トピラマート」によって子どもの自閉スペクトラム症リスクが増加する可能性はない(3月30日)
  • 生殖補助医療の卵巣刺激によって自然周期の子宮内膜環境に近づく(3月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ