Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

血清キスペプチンは流産のバイオマーカーとしては不十分である

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























血清キスペプチンは流産のバイオマーカーとしては不十分である

このエントリーをはてなブックマークに追加
血清キスペプチン濃度による流産予測
11月8日、復旦大学(中国)の研究チームは、「Journal of Assisted Reproduction and Genetics」にて、凍結融解胚移植後21日目と28日目の血清キスペプチン濃度は流産の予測値としては不十分であると指摘した。

キスぺプチン
凍結融解胚移植における妊娠初期の流産を予測できるか
キスペプチンは、妊孕性(妊娠するための力)を判別するバイオマーカーになる。

そこで今回、研究チームは、2019年5月から12月の期間、凍結融解胚移植を受けた女性178人(初期流産21人、単胎妊娠157人)を対象に血清サンプルを採取し、血清キスペプチン濃度を血清hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)濃度と比較して凍結融解胚移植における妊娠初期の流産を予測できるか判断した。

凍結融解胚移植後14日目、21日目、28日目の血清キスペプチン濃度ならびに血清hCG濃度を測定したところ、初期流産を経験した女性群は、妊娠群より胚移植後14日目と28日目の血清キスペプチン濃度が著しく低くなった。

一方、胚移植後14日目の血清キスペプチン濃度において差異は確認されず、流産と妊娠継続を区別できなかったという。

また、21日目と28日目の血清キスペプチン濃度は、血清hCG濃度と比較して流産の予測値が低く、流産の予測値としては不十分であった。

(画像はJournal of Assisted Reproduction and Geneticsより)


外部リンク

SPRINGER LINK
https://link.springer.com/


Amazon.co.jp : キスぺプチン に関連する商品
  • 妊娠中のストレスは子供が早熟になる要因である(2月27日)
  • 研究の余地はあるものの抗鬱剤が脳の初期発達に悪影響を及ぼす(2月26日)
  • 地中海料理は男性の生殖能力を高める(2月22日)
  • 母親の高タンパク食は子供の肥満リスクを高める可能性がある(2月19日)
  • 早産と自閉スペクトラム症に関係はない(2月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ