Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

不妊治療による妊娠では妊娠39週での出産が最適である

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























不妊治療による妊娠では妊娠39週での出産が最適である

このエントリーをはてなブックマークに追加
不妊治療における最適な出産タイミング
8月11日、アメリカの研究チームは、「JAMA Network Open」にて、不妊治療による妊娠において最適な出産タイミングは妊娠39週であると提言した。

妊娠39週で分娩する場合、それ以前ならびにそれ以降の分娩と比べてリスクが軽減するという。

出産タイミング
不妊治療における妊娠年齢と周産期転帰
不妊治療による妊娠・出産には、死産、周産期死亡、低出産体重児を含むリスクが伴う。推進される出産タイミングがなく、適切な分娩タイミングの見極めが難しいため、リスクマネジメントが重要になる。

そこで今回、研究チームは、アメリカ国立保健統計センター(NCHS)から提供されたアメリカ居住者を対象とした出生および死亡データ(2014年1月1日から2018年12月31日まで)を用いて、不妊治療による正期産単胎妊娠の最適な周産期転帰と妊娠週数を検証した。

不妊治療による正期産単胎妊娠の女性178448人(平均年齢34歳、平均妊娠週数39週)を対象に妊娠1000件ごとの出生後の罹患率と乳児死亡率、妊娠週数による死産率と乳児死亡率を比較したところ、不妊治療による妊娠では新生児の出生体重が全体的に低く、在胎不当過小児は死産や乳児死亡において高くなった。

また、妊娠39週での分娩では、妊娠39週以降の分娩に伴うリスク(死産、新生児の罹患率と乳児死亡率)と比べて分娩リスク(新生児の罹患率と乳児死亡率)が大幅に減ったという。

(画像はJAMA Network Openより)


外部リンク

JAMA Network Open
https://jamanetwork.com/



Amazon.co.jp : 出産タイミング に関連する商品
  • 体外受精ならびに顕微授精の出生率を向上させる新薬が開発される(7月16日)
  • 5年以上凍結保存した着床率および出生率が低下する(7月11日)
  • 妊娠中のインフルエンザ感染に伴う合併症は低用量アスピリンで治療できる(7月8日)
  • 高温は妊娠に悪影響を及ぼす(7月8日)
  • 不妊治療と子供の自閉スペクトラム症リスクに関係性はない(7月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ