Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠中のビタミンDレベルは子供の成長に影響を及ぼす

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠中のビタミンDレベルは子供の成長に影響を及ぼす

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠中のビタミンD不足による影響
4月23日、スペインの研究チームは、「nutrients」にて、出生前のビタミンD不足と男児の肥満リスクには関連性があり、11歳までの肥満リスクが増加すると発表した。

今回の研究を通じて、妊娠中のビタミンDレベルが子供の脂肪生成に影響する可能性が示唆された。妊娠中の母親がビタミンD欠乏状態である場合、男児の脂肪生成に影響を及ぼし、11歳までの肥満リスクが高まるという。

ビタミンD
出生前のビタミンD不足と男児の肥満リスクにおける関係性
研究チームは、出生コホート「INMA(Children and the Environment)」を用いて、母子2027人を対象に妊娠中のビタミンDレベルが子供の成長に与える影響を検証した。

妊娠中のビタミンDレベルは、妊娠13週に血清中の25ヒドロキシビタミンD(25OHビタミン:全身のビタミンD状態を表す代謝物)にて測定された。あわせて、性別および年齢別の体格指数Zスコア(標準スコア)は7歳および11歳で計算され、体脂肪量は11歳で計測した。

妊娠初期の慢性的なビタミンD不足状態(20ng/mL未満)は子供の過剰体重リスクを高め、7歳および11歳での過体重の確率が増加した。

また、妊娠初期のビタミンD欠乏状態による影響は子供の性別で異なり、男児のみで認めら、学童期の男児におけるBMI、体脂肪率、過体重の確率を増加させた。一方、出生時の身長・体重は小さい傾向にあったため、出生後から学童期までの体重増加量は大きく、体重増加速度も加速した。

これより、研究チームは、妊娠中のビタミンDレベルと男児の肥満リスクには関連性があり、妊娠初期にビタミンDが欠乏すると11歳までの男児の肥満リスクを高めると考える。

(画像はnutrientsより)


外部リンク

nutrients
https://www.mdpi.com/2072-6643/15/9/2033

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : ビタミンD に関連する商品
  • 妊娠中のメトホルミン服用による長期的な悪影響はない(6月6日)
  • 卵胞期後期のプロゲステロン量は卵巣刺激を併用した人工授精の妊娠率・出生率にどのくらい影響するのだろうか?(6月4日)
  • キスペプチン量が高いとPCOSの妊娠可能性が増す(6月3日)
  • デキサメタゾンとクロミフェンはPCOS治療に効果がある(5月28日)
  • フッ化物が子どもの脳に悪影響を与える可能性がある(5月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ