Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

食事が出生率ならびに妊娠率に影響を与える

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























食事が出生率ならびに妊娠率に影響を与える

このエントリーをはてなブックマークに追加
出生率・妊娠率に影響を与える因子
5月31日、アデレード大学(オーストラリア)などの研究チームは、「Nutrients」にて、健康的な食事によって生殖補助医療の出生率・妊娠率、自然妊娠率が増加すると発表した。

今回、食事パターンは、出生率ならびに妊娠率に影響を与えることが認められた。

食事
食事パターンが生殖機能・能力に与える影響
研究チームは、15396文献から11文献を選んでシステマティック・レビューとメタ分析を行い、食事パターンが自然妊娠ならびに生殖補助医療に与える影響を検証した。

10種類の食事パターンを3カテゴリー(地中海料理、健康的な食事、不健康な食事)に分類し、出生率、妊娠率、不妊率に基づき評価したところ、地中海料理によって生殖補助医療の出生率が改善し、妊娠率が高まることが確認された。

また、健康的な食事と生殖補助医療の成功率には関連性があり、「pro-fertility diet(低農薬野菜や果物、大豆、魚、栄養補助食品を豊富に含む食事)」では、生殖補助医療結果の改善が顕著に認められた。

「Dutch Dietary Guideline(野菜、果物、魚、肉、全粒穀物、ヘルシー脂質を豊富に含む食事)」では、生殖補助医療の臨床妊娠率が65%増になったという。

また、「Fertility diet(野菜、不飽和脂肪、高脂肪乳製品、栄養補助食品を多く含む食事)」によって、排卵因子の不妊リスクは66%、他因子の不妊リスクでは27%減少し、自然妊娠率が増加した。

(画像はNutrientsより)


外部リンク

Nutrients
https://www.mdpi.com/2072-6643/15/11/2589

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : 食事 に関連する商品
  • デキサメタゾンとクロミフェンはPCOS治療に効果がある(5月28日)
  • フッ化物が子どもの脳に悪影響を与える可能性がある(5月27日)
  • 健康的なライフスタイルを維持しながら不妊治療を受けるには自己管理スキルと周囲の理解が欠かせない(5月22日)
  • 体外受精サイクル二回目は一回目より妊娠・出産可能性は高まる(5月19日)
  • 体外受精サイクルにおいてレスキューICSIは効果があるのだろうか?(5月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ