Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

マイクロRNAバリアントが習慣性流産および不育症リスクを高める

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























マイクロRNAバリアントが習慣性流産および不育症リスクを高める

このエントリーをはてなブックマークに追加
習慣性流産を引き起こす要因
5月18日、中国の研究チームは、「Journal of Assisted Reproduction and Genetics」にて、習慣性流産(RPL:流産を3回以上繰り返したもの)を誘発するバリアント(変異体)を発見したと発表した。

これまで、女性の生殖障害におけるマイクロRNAバリアントの重要性は報告されているが、マイクロRNAと習慣性流産の関連性は解明に至っていなかった。今回、マイクロRNA(miRNA)バリアントの一部が習慣性流産および不育症リスクを高めると報告された。

習慣性流産
マイクロRNAバリアントと習慣性流産における関連性
研究チームは、突発性の習慣性流産歴のある女性280人と流産歴のない280人を対象に、4タイプのマイクロRNAバリアントと習慣性流産における関連性について検証した。

マイクロRNAバリアントの4タイプ「miR-21 rs1292037」「miR-155-5p rs767649」「miR-218-2 rs11134527」「miR-605 rs2043556」の有病率を比較したところ、「rs1292037」「rs767649」は突発性の習慣性流産率の上昇と有意に関連していることが認められた。

一方、「rs11134527」「rs2043556」と突発性の習慣性流産率における関連はないと報告された。

(画像はJournal of Assisted Reproduction and Geneticsより)


外部リンク

Journal of Assisted Reproduction and Genetics
https://link.springer.com/


Amazon.co.jp : 習慣性流産 に関連する商品
  • 体外受精ならびに顕微授精の出生率を向上させる新薬が開発される(7月16日)
  • 5年以上凍結保存した着床率および出生率が低下する(7月11日)
  • 妊娠中のインフルエンザ感染に伴う合併症は低用量アスピリンで治療できる(7月8日)
  • 高温は妊娠に悪影響を及ぼす(7月8日)
  • 不妊治療と子供の自閉スペクトラム症リスクに関係性はない(7月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ