Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

血清抗ミュラー管ホルモン値が低いと精液の質も低下する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























血清抗ミュラー管ホルモン値が低いと精液の質も低下する

このエントリーをはてなブックマークに追加
血清抗ミュラー管ホルモンと精液の質
2月28日、コペンハーゲン大学病院(オランダ)の研究チームは、「BMC Medicine」にて、男性不妊において、血清抗ミュラー管ホルモン(AMH)と精液の質には関連性があると発表した。

男性の場合、抗ミュラー管ホルモンは精巣のセルトリ細胞(精子形成を補助する細胞)で産生される。胎児期の男児では、性発達において抗ミュラー管ホルモンの分泌が非常に重要である。

今回、血清抗ミュラー管ホルモン値が低い不妊男性では、精液の質は低下することが認められた。あわせて、ビタミンDには、抗ミュラー管ホルモン転写を活性化し、精液の質を改善する効果はないと報告された。

抗ミュラー管ホルモン
ビタミンDが抗ミュラー管ホルモンに与える影響
研究チームは、オランダの医療機関にて不妊男性307人を対象に、ビタミンDが抗ミュラー管ホルモンに与える影響を検証した。

ビタミンD投与グループ(300000IUコレカルシフェロール単回投与、150日間1日あたり1400IUコレカルシフェロールとカルシウム500mg投与)とプラセボグループにおいて、血清抗ミュラー管ホルモン値、血清抗ミュラー管ホルモン値と性腺機能における関係性を比較した。

不妊男性において血清抗ミュラー管ホルモンと精液の質には関連性が認められ、抗ミュラー管ホルモンが低い不妊男性は、精子濃度、精子数、精子運動率、インヒビンB/FSH比(AMH/FSH比)が顕著に低く、精巣サイズは小さくなった。

一方、血清抗ミュラー管ホルモンが高い不妊男性と比べて、卵巣刺激ホルモン(FSH)は高くなった。

また、これまで、ビタミンDには抗ミュラー管ホルモン転写を活性化し、精液の質を改善する効果があるといわれてきた。しかしながら、今回、そのような効果はビタミンDに確認されなかった。

(画像はBMC Medicineより)


外部リンク

BMC Medicine
https://bmcmedicine.biomedcentral.com/


Amazon.co.jp : 抗ミュラー管ホルモン に関連する商品
  • 体外受精ならびに顕微授精の出生率を向上させる新薬が開発される(7月16日)
  • 5年以上凍結保存した着床率および出生率が低下する(7月11日)
  • 妊娠中のインフルエンザ感染に伴う合併症は低用量アスピリンで治療できる(7月8日)
  • 高温は妊娠に悪影響を及ぼす(7月8日)
  • 不妊治療と子供の自閉スペクトラム症リスクに関係性はない(7月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ