Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

流産では胚の発達が遅れる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























流産では胚の発達が遅れる

このエントリーをはてなブックマークに追加
流産と胚の発達
3月26日、エラスムス大学医療センター(オランダ)の研究チームは、「Human Reproduction」にて、流産の場合、胚は小さく、心拍数は遅くなる傾向にあると発表した。

流産(妊娠22週(胎児が母親の子宮外では生きていけない週数)以前に妊娠が終わる)では、分娩(胎児が母体から完全に排出・娩出されて妊娠が終わること)に比べて、子宮内での胚発達に時間を要し、発達が遅くなるという。

流産
胚の形態発生における相違
研究チームは、2010年から2018年の期間、女性644人(分娩611人、流産33人)を対象に妊娠中の前向きコホート研究ならびに産後1年間の追跡調査を行い、分娩と流産において胚の形態発生を比較した。

3D経腟超音波検査(経膣エコー検査)を用いて胚を測定し、「カーネギー発生段階(標準化された脊椎動物胚の発生段階の指標)」に基づき、胚の形態形成段階を評価したところ、流産の場合、分娩の場合と比べて頭殿長(CRL)と細胞外小胞(EV)は小さく、最終ステージに到達するまで4日多く要することが確認された。

また、各ステージの遅れごとに流産の可能性が1.5%増加すると報告された。今回の調査は比較的小規模であるものの、将来的には、胚の形態発生より妊娠継続率が推測できると考えられる。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : 流産 に関連する商品
  • デキサメタゾンとクロミフェンはPCOS治療に効果がある(5月28日)
  • フッ化物が子どもの脳に悪影響を与える可能性がある(5月27日)
  • 健康的なライフスタイルを維持しながら不妊治療を受けるには自己管理スキルと周囲の理解が欠かせない(5月22日)
  • 体外受精サイクル二回目は一回目より妊娠・出産可能性は高まる(5月19日)
  • 体外受精サイクルにおいてレスキューICSIは効果があるのだろうか?(5月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ