Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

胎盤にあるタンパク質の不均衡より妊娠高血圧腎症を予測できる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























胎盤にあるタンパク質の不均衡より妊娠高血圧腎症を予測できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠高血圧腎症のバイオマーカー
11月9日、シーダーズ・サイナイ病院(アメリカ)は、プレスリリースを通じて、胎盤にある特定のタンパク質2種類の不均衡より、妊娠高血圧腎症(子癇前症)を予測できると発表した。

この特定の不均衡をバイオマーカーとして、重篤な症状を伴う妊娠高血圧腎症を発症する女性を特定できたと報告された。なお、研究論文は「NEJM Evidence」に掲載されている。

妊娠高血圧腎症
タンパク質と重篤な症状を伴う妊娠高血圧腎症を発症するリスク
妊娠高血圧腎症では、妊娠に伴って高血圧性疾患を発症する。症状が重篤化すると重症高血圧、臓器不全、失明、脳卒中を引き起こすこともあり、母子の命をも脅かす。

今回、研究チームは、アメリカ全土18医療機関にて、妊娠高血圧を理由に入院した妊婦1014人を対象に、重篤な症状を伴う妊娠高血圧腎症を発症するリスクに関する大規模調査を実施した。

重篤な妊娠高血圧腎症患者の血液検査から胎盤の血管発達の関与する特定タンパク質において不均衡が確認され、重篤な症状を伴う妊娠高血圧腎症の発症リスクを定量化できた。

このタンパク質は2種類あり、血管内皮増殖因(VEGF)受容体1の変異体「可溶性fms様チロシンキナーゼ1(sFlt-1)」ならびに「胎盤増殖因子(PIGF)」が含まれる。

sFlt-1とPIGFの比率が40を上回る場合、血液検査2週間以内に重篤な症状を伴う妊娠高血圧腎症の発症リスク、異常な妊娠転帰ならびに早産リスクが高まった。一方、比率が40を下回る場合、血液検査2週間以内に重篤な症状を伴う妊娠高血圧腎症に進行するリスクは5%未満であったという。

検査精度は、あらゆる標準治療マーカーより顕著に高く、重篤な症状を伴う妊娠高血圧腎症の発症有無を90%以上の精度で予測できたという。一方、従来のマーカーにおいて、検査精度は75%以上であるといわれる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Cedars Sinai
https://www.cedars-sinai.org/


Amazon.co.jp : 妊娠高血圧腎症 に関連する商品
  • 腸内マイクロバイオームが変化して子宮内膜症が発症する(1月30日)
  • 母体年齢が上昇すると胚盤胞形成に悪影響を与える(1月24日)
  • PCOSかつ過剰体重および肥満の女性は減量によって妊娠可能性が改善される(1月23日)
  • 環境化学物質によって早産が誘発される(1月22日)
  • レーザーアシステッドハッチングは凍結融解胚移植の出生率を高める(1月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ