Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

肥満は女性不妊の要因に成り得る

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























肥満は女性不妊の要因に成り得る

このエントリーをはてなブックマークに追加
肥満と女性不妊の関係性
11月7日、アントワープ大学(ベルギー)の研究チームは、「Human Reproduction」にて、肥満マウスによる動物モデル実験を通じて、女性の肥満は代謝健康ならびに卵母細胞の質を低下させると発表した。

あわせて、肥満マウスの食事をカロリー制限食に切り替えたところ、2週間で代謝健康と卵母細胞の発達能力が大幅に改善したと報告された。

肥満
代謝健康ならびに卵母細胞の質への影響
研究チームは、近交系間交配の雌スイスマウスを用いた動物モデル実験を行い、肥満マウスに対して7週間コントロール食または高脂質・高糖質食を与え続けた。

その後、一部の高脂質食グループは、プレコンセプションケアとして「コントロール食(上限11週間)」「高脂質食(上限11週間)」「高脂質食(7週間)とコントロール食」「高脂質食(7週間)と30%のカロリー制限食(2週間または4週間)」に切り替え、代謝健康ならびに卵母細胞の質への影響を比較した。

まず、高脂肪・高糖質食は、代謝健康ならびに卵母細胞の質へ悪影響を及ぼすことが顕著に認められた。

高脂質食とコントロール食グループでは、コントロール食に切り替えて2週間で体重が減少し、血清脂質と耐糖能(血糖値を正常に維持するためのグルコース・ブトウ糖の処理能力)が改善した。

一方、インスリン抵抗性(インスリンに対する感受性が低下してインスリンの作用が十分に発揮できない状態)における改善は報告されなかった。卵母細胞の発達能力は回復したものの、コントロール食グループのレベルには達しなかったという。

また、高脂質食とカロリー制限食グループは、カロリー制限食に切り替えて2週間でコレステロール濃度とインスリン抵抗性が完全に標準範囲となり、卵母細胞の発達能力も完全に回復した。4週間後には全ての代謝健康が正常に戻ったという。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : 肥満 に関連する商品
  • 腸内マイクロバイオームが変化して子宮内膜症が発症する(1月30日)
  • 母体年齢が上昇すると胚盤胞形成に悪影響を与える(1月24日)
  • PCOSかつ過剰体重および肥満の女性は減量によって妊娠可能性が改善される(1月23日)
  • 環境化学物質によって早産が誘発される(1月22日)
  • レーザーアシステッドハッチングは凍結融解胚移植の出生率を高める(1月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ