Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

レーザーアシステッドハッチングは凍結融解胚移植の出生率を高める

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























レーザーアシステッドハッチングは凍結融解胚移植の出生率を高める

このエントリーをはてなブックマークに追加
レーザーアシステッドハッチングによる効果
1月7日、中国の研究チームは、「Journal of Assisted Reproduction and Genetics」にて、レーザーアシステッドハッチング(LAH:胚孵化補助)により、凍結融解胚移植の出生率が改善すると発表した。

レーザーアシステッドハッチング
レーザーアシステッドハッチングとは
レーザーアシステッドハッチングは1990年代初期に確立された。凍結した胚盤胞を子宮へ戻す前にレーザーを使って胚を覆っているゼリー状の殻「透明帯」の一部を薄くしたり、切開したりして胚の着床を補助する。

正確、迅速、安全な方法であり、特に、凍結融解胚移植サイクルにおいて効果的とされる。

凍結融解胚移植とレーザーアシステッドハッチング
研究チームは、2016年1月から2020年12月の期間、山東中医薬大学附属病院 生殖・遺伝センターにて実施された凍結融解胚移植5779サイクル(卵割胚を使用)を対象に、レーザーアシステッドハッチングの効果を検証した。

傾向スコアマッチングに基づき、凍結融解胚移植3535サイクルのうち1238サイクルに対してレーザーアシステッドハッチングを実施した。

レーザーアシステッドハッチング実施グループは、未実施グループと比べて出生率が高くなった。また、妊娠損失率ならびに異所性妊娠(子宮外妊娠)率は低くなったが、差異は小さいという。

なお、着床率、生物学的妊娠(化学流産)率、臨床妊娠率、多胎性妊娠率、一卵性双生児率において相違は認められなかった。

(画像はJournal of Assisted Reproduction and Geneticsより)


外部リンク

Springer Link
https://link.springer.com/


Amazon.co.jp : レーザーアシステッドハッチング に関連する商品
  • 妊娠中のメトホルミン服用による長期的な悪影響はない(6月6日)
  • 卵胞期後期のプロゲステロン量は卵巣刺激を併用した人工授精の妊娠率・出生率にどのくらい影響するのだろうか?(6月4日)
  • キスペプチン量が高いとPCOSの妊娠可能性が増す(6月3日)
  • デキサメタゾンとクロミフェンはPCOS治療に効果がある(5月28日)
  • フッ化物が子どもの脳に悪影響を与える可能性がある(5月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ