Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

子宮内ならびに膣内フローラが生殖補助医療による妊娠結果に影響を与える

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























子宮内ならびに膣内フローラが生殖補助医療による妊娠結果に影響を与える

このエントリーをはてなブックマークに追加
子宮内ならびに膣内フローラによる影響
12月5日、アメリカ国立医学図書館に掲載された琉球大学による研究論文では、生殖補助医療において、子宮内ならびに膣内フローラ(マイクロバイオーム)のバランスが妊娠結果に影響を与え、善玉菌が多いほど妊娠率が高まると報告された。

フローラ
子宮内ならびに膣内おける善玉菌と悪玉菌の割合が生殖補助医療結果に与える影響
女性の子宮内や膣内には、体に有益な働きをする善玉菌「ラクトバチルス菌(乳酸桿菌)」が豊富に存在している。しかしながら、これまで、生殖補助医療において子宮内フローラに占めるラクトバチルス属の役割は不明であった。

そこで今回、研究チームは、良質の胚を移植した女性35人を対象に、子宮内ならびに膣内フローラにおける善玉菌と悪玉菌のバランスが生殖補助医療の結果に対して与える影響について検証した。

善玉乳酸菌のラクトバチルス属と病原菌のバランスを比較したところ、胚移植から妊娠成立に至った21人は子宮内ならびに膣内フローラにラクトバチルス属が多く存在し、病原菌が少ないことが認められた。一方、妊娠に至らなかった女性は、ラクトバチルス属が少なく、病原菌が多く存在したという。

これより、子宮内ならびに膣内フローラの善玉菌と悪玉菌のバランスは、生殖補助医療の結果を大きく左右するといえる。

(画像はNational Library of Medicineより)


外部リンク

National Library of Medicine
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36468798/


Amazon.co.jp : フローラ に関連する商品
  • 妊娠中のストレスは子供が早熟になる要因である(2月27日)
  • 研究の余地はあるものの抗鬱剤が脳の初期発達に悪影響を及ぼす(2月26日)
  • 地中海料理は男性の生殖能力を高める(2月22日)
  • 母親の高タンパク食は子供の肥満リスクを高める可能性がある(2月19日)
  • 早産と自閉スペクトラム症に関係はない(2月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ