Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

PCOSかつ過剰体重および肥満の女性は減量によって妊娠可能性が改善される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























PCOSかつ過剰体重および肥満の女性は減量によって妊娠可能性が改善される

このエントリーをはてなブックマークに追加
PCOSの妊娠可能性に対する影響因子
1月13日、デンマークとイギリスの専門家らは、「Human Reproduction」にて、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)かつ過剰体重・肥満の女性は妊娠可能性が著しく低下するが、減量によって妊娠可能性が改善すると発表した。

PCOSにおいて過剰体重および肥満は代謝を大きく低下させ、生殖結果を著しく悪化させることが認められた。

PCOS
PCOS、BMI値、妊娠可能性における関連性
研究チームは、イギリスの大規模外来データ「Clinical Practice Research Datalink」を用いて、妊活中のPCOS患者(18~45歳、BMI値18.5以上9955人、BMI値25.0以上7593人)を対象に大規模コホート調査を実施した。

調査を通じて、BMI値が高いほどPCOS診断後3年間の妊娠可能性が低下することが認められた。BMI値が標準範囲(18.5~24.9)である女性では41%が妊娠すると推測されたが、BMI値40.0以上の肥満女性は17%と見積もられた。

また、標準体重の女性と比べて、肥満女性の妊娠可能性は63%下がるという。一方、10%の減量によって、妊娠可能性が68%増加すると推定された。

研究チームは、BMI値と妊娠可能性には関連性があり、PCOSかつ過剰体重や肥満である場合には妊娠可能性が低くなるが、減量によって妊娠可能性が改善されると結論付ける。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : PCOS に関連する商品
  • 妊娠中のストレスは子供が早熟になる要因である(2月27日)
  • 研究の余地はあるものの抗鬱剤が脳の初期発達に悪影響を及ぼす(2月26日)
  • 地中海料理は男性の生殖能力を高める(2月22日)
  • 母親の高タンパク食は子供の肥満リスクを高める可能性がある(2月19日)
  • 早産と自閉スペクトラム症に関係はない(2月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ