Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

キャリアスクリーニング検査を通じて子供の発達障がいリスクが検知できる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























キャリアスクリーニング検査を通じて子供の発達障がいリスクが検知できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアスクリーニングの重要性
8月30日、チューリッヒ大学(スイス)の研究チームは、同大学プレスリリースを通じて、妊娠前遺伝子診断(保因者スクリーニング)によって子供に発達障がいが生じるリスクが検知でき、妊娠前の両親に対するスクリーニング検査は有益であると発表した。

妊娠前遺伝子診断
キャリアスクリーニングとは
近年、出生前診断は広く普及しつつある。しかしながら、妊活および妊娠前に両親の遺伝子を広範囲で分析することは稀である。

両親が遺伝子疾患リスクを保因する場合、親から子へ引き継がれる可能性は高いといわれる。親の劣性遺伝子が子へ引き継がれ、劣性遺伝子のコピーが突然変異した場合に限って、悪影響を及ぼすことになる。

そこで、キャリアスクリーニングが意義をもつ。キャリアスクリーニングでは、主に性別に特異的でない、疾患の原因となる劣性遺伝子を調べる。

両親の劣性遺伝子と子供の発達障がいリスク
今回の研究では、神経発達症の子供をもつ両親700組分のデータを分析した。3000以上の遺伝子を調査したところ、多くの遺伝子に知的障がい、発達障がい、自閉症スペクトラム障がいをはじめ他の障がいを引き起こしたことが認められた。

研究チームは、妊娠前遺伝子診断によって子供の発達障がいリスクが検知できると考える。例えば従兄弟または従兄弟など両親が血縁関係にある場合、子供の発達障がいリスクは約44%検知できた。一方、両親が血縁関係にない場合、検知できたリスクは僅か5%であり、今後も更なる研究が必要とされる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

University of Zurich
https://www.news.uzh.ch/


Amazon.co.jp : 妊娠前遺伝子診断 に関連する商品
  • 胚の形態学的評価および非侵襲的着床前診断でモザイク胚の出生率が高まる(12月5日)
  • 妊娠中の腰痛や骨盤痛には鍼治療が効果的である(11月28日)
  • 精子の遺伝的変異が精子の遊泳に影響を及ぼす(11月28日)
  • 胎盤にあるタンパク質の不均衡より妊娠高血圧腎症を予測できる(11月21日)
  • 肥満は女性不妊の要因に成り得る(11月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ