Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

子宮筋腫および子宮平滑筋腫のメカニズム解明に向けて一歩前進する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























子宮筋腫および子宮平滑筋腫のメカニズム解明に向けて一歩前進する

このエントリーをはてなブックマークに追加
子宮筋腫および子宮平滑筋腫における細胞不均一性
8月24日、アメリカの研究チームは、「Human Reproduction」にて、シングルセル解析により、子宮筋腫(子宮壁にできる良性腫瘍)および子宮平滑筋腫(子宮の筋層にできる良性腫瘍)における平滑筋細胞、線維芽細胞、内皮細胞集団に細胞不均一性(筋腫)を発見したと発表した。

これまで、子宮筋腫ならびに子宮平滑筋腫の女性には、平滑筋細胞、線維芽細胞、内皮細胞集団、免疫細胞が確認されていた。しかしながら、一細胞レベルでの細胞構成やトランスクリプトーム(全遺伝子発現情報)は不明であった。

子宮筋腫
一細胞レベルでの細胞構成やトランスクリプトーム(全遺伝子発現情報)
今回、研究チームは、子宮摘出手術を受けた女性8人から子宮筋腫ならびに子宮平滑筋腫の細胞(各5サンプル)を採取し、シングルセルRNAシーケンシング(シングルセル解析)を行った。

子宮平滑筋腫のMED12突然変異、子宮筋層サンプルを一細胞レベルで解析したところ、子宮筋腫および子宮平滑筋腫における平滑筋細胞、線維芽細胞、内皮細胞集団に細胞不均一性が明らかとなった。あわせて、また、子宮平滑筋腫に特異的なリンパ管内皮細胞2種類が検知された。

子宮平滑筋腫のMED12突然変異、子宮筋層は類似した細胞構成をもっていたが、トランスクリプトームは異なっていたという。

研究チームは、内皮細胞、免疫細胞、平滑筋細胞の相互作用を介して、線維芽細胞が子宮平滑筋腫のミクロ環境に対して影響を及ぼすと考える。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : 子宮筋腫 に関連する商品
  • 胚の形態学的評価および非侵襲的着床前診断でモザイク胚の出生率が高まる(12月5日)
  • 妊娠中の腰痛や骨盤痛には鍼治療が効果的である(11月28日)
  • 精子の遺伝的変異が精子の遊泳に影響を及ぼす(11月28日)
  • 胎盤にあるタンパク質の不均衡より妊娠高血圧腎症を予測できる(11月21日)
  • 肥満は女性不妊の要因に成り得る(11月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ