Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠中のメンタルヘルスが妊娠期間に影響を及ぼす

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠中のメンタルヘルスが妊娠期間に影響を及ぼす

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠中のメンタルヘルスが妊娠に及ぼす影響
9月26日、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA、アメリカ)の研究チームは、同大学プレスリリースを通じて、妊娠中の心の健康は妊娠期間に影響を及ぼし、妊娠期に感じる不安が大きいと胎児の在胎期間が短くなり、早産リスクが増すと発表した。

妊娠初期および後期に妊娠うつ病のスクリーニング検査を行い、妊婦が抱える不安やストレスを解消することによって早産リスクが軽減できるという。なお、研究論文は、「Health Psychology」に掲載されている。

不安
妊娠中のメンタルヘルスと妊娠期間における関係性
研究チームは、「Healthy Babies Before Birth」よりデンバー、ロサンゼルス在住の妊婦196人を対象に、妊娠中のメンタルヘルスと妊娠期間における関係性を検証した。今回の研究では妊娠初期から産後1年まで継続され、4種類の不安尺度を用いて妊娠初期および後期の精神状態を調査した。

妊娠後期の不安度と早産には関連性が強く認められ、妊娠後期における不安感が強いほど早産リスクは増すと報告された。また、妊娠初期に慢性的に不安を感じている場合も早産リスクが増加したという。妊娠初期の慢性的な不安は、妊娠後期の強い不安感につながるともいう。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UCLA
https://newsroom.ucla.edu/

AMERICAN PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION
https://www.apa.org/


Amazon.co.jp : 不安 に関連する商品
  • 胚の形態学的評価および非侵襲的着床前診断でモザイク胚の出生率が高まる(12月5日)
  • 妊娠中の腰痛や骨盤痛には鍼治療が効果的である(11月28日)
  • 精子の遺伝的変異が精子の遊泳に影響を及ぼす(11月28日)
  • 胎盤にあるタンパク質の不均衡より妊娠高血圧腎症を予測できる(11月21日)
  • 肥満は女性不妊の要因に成り得る(11月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ