Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

母親のPCOSは娘の思春期の発達を加速させる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























母親のPCOSは娘の思春期の発達を加速させる

このエントリーをはてなブックマークに追加
母親のPCOSが子供に及ぼす影響
9月13日、オーフス大学(デンマーク)の研究チームは、「Human Reproduction」にて、母親の多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は子供の思春期の発達に影響を及ぼし、女児における第二次性徴の時期を早めると発表した。

PCOSの症状が出ている思春期の女性では、アンドロゲンの過剰分泌を理由にPCOSでない同世代と比べて、アドレナーキ(陰毛および腋毛の出現)が早く発現する傾向にあるといわれる。

PCOS
母親のPCOSと子供の思春期の発達における関係性
研究チームは、デンマークのコホート調査「The Puberty Cohort in the Danish National Birth Cohort(DNBC)」より母子15596組を対象に、18歳を上限として子供の胎児期から完全な性的成熟まで集団ベースのコホート研究を実施した。

思春期の発達は、子供が11歳を迎えた時から6ヶ月ごとに自己申告をした。また、被験者である母親にはPCOS251人、希発月経134人、他の月経異常2411人が含まれる。

自己申告データに基づき分析したところ、母親のPCOSと子供の思春期の発達における関係性が認められた。なお、母親のPCOSによる影響は女児に限り、男児における相違は確認されなかった。

母親がPCOSを発症している場合、母親がPCOSでない場合と比べて、女児における思春期の発達が平均3.3ヶ月、女児のアドレナーキに関しては平均5.4ヶ月早まると報告された。また、母親の希発月経や月経異常は、女児、男児ともに思春期の発達に影響を及ぼすことはなかったという。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : PCOS に関連する商品
  • 胚の形態学的評価および非侵襲的着床前診断でモザイク胚の出生率が高まる(12月5日)
  • 妊娠中の腰痛や骨盤痛には鍼治療が効果的である(11月28日)
  • 精子の遺伝的変異が精子の遊泳に影響を及ぼす(11月28日)
  • 胎盤にあるタンパク質の不均衡より妊娠高血圧腎症を予測できる(11月21日)
  • 肥満は女性不妊の要因に成り得る(11月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ