Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

凍結融解胚移植において最適なタイミングとは?

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























凍結融解胚移植において最適なタイミングとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
凍結融解胚移植における適切な時期・時間
10月28日、ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア)の研究チームは、「Human Reproduction」にて、修正自然周期の単一凍結融解胚盤胞移植(正倍数性)において、着床の窓はhCGトリガー後156時間から164時間であると発表した。

着床の窓とは受精卵が子宮内膜に着床できる時期であり、このタイミング内で正倍数性の単一凍結融解胚盤胞移植を行った場合、タイミング外での胚移植と比べて出生率が高くなった。

ただし、自然周期凍結融解胚移植では着床の窓が広がり、より広い範囲の時間間隔にて出生率が同等になった報告された。

着床の窓
単一凍結融解胚盤胞移植における着床の窓と出生率の関係性
凍結融解肺移植の出生率を高めるうえで、胚移植のタイミングは非常に重要である。排卵後の胚移植タイミングと採卵後の成長を一致させることで受精・着床の可能性は増す。

自然周期の着床の窓は排卵後116時間から124時間(プラスマイナス4時間)であり、修正自然周期(プラスマイナス4時間)の場合、156時間から164時間に相当する。

これは排卵がhCGトリガーから約40時間で起こり、自発的なLHサージ(排卵を誘発する黄体形成ホルモンが突然、大量に分泌されること)開始後の排卵は24時間から56時間まで変化するとためといわれる。

今回、研究チームは、2015年5月から2019年2月の期間、正倍数性の単一凍結融解胚盤胞1170個を対象に栄養外胚葉生検と着床前診断(PGT)を用いて解析を行い、単一凍結融解胚盤胞移植における着床の窓と出生率の関係性を検証した。

胚移植タイミングを変えて結果を比較したところ、着床の窓が開いている時に胚移植を行った場合、着床の窓が閉まっている場合と比べて、黄体形成ホルモン分泌量が増して出生率が高くなることが認められた。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : 着床の窓 に関連する商品
  • トリガーの日の血清プロゲステロン濃度が凍結融解胚移植の出生率に影響を与える(4月12日)
  • 腎機能低下は男性不妊リスクを高める要因になる(4月8日)
  • 妊娠中の魚摂取量は子供の心疾患リスクに影響を与えない(4月4日)
  • 抗てんかん薬「トピラマート」によって子どもの自閉スペクトラム症リスクが増加する可能性はない(3月30日)
  • 生殖補助医療の卵巣刺激によって自然周期の子宮内膜環境に近づく(3月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ