Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

レトロゾールの併用で卵胞の発育が促進する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























レトロゾールの併用で卵胞の発育が促進する

このエントリーをはてなブックマークに追加
卵巣刺激とレトロゾール
6月2日、コペンハーゲン大学病院などデンマークの研究チームは、「Human Reproduction」にて、レトロゾールを併用した調節卵巣刺激では、卵胞期および黄体期のホルモン分泌量が増え、卵胞の発育を促進させると報告した。

レトロゾールを併用した調節卵巣刺激では、レトロゾールを併用して卵巣刺激を行い、卵胞を発育させる。そして、卵胞がある程度成長した段階でアンタゴニスト製剤を注射し、排卵を抑えながら複数の卵胞を育てる。

レトロゾール
レトロゾールを併用した調節卵巣刺激による効果
研究チームは、2016年8月から2018年11月に期間、体外受精患者31人を対象にレトロゾールとプラセボを比較する臨床試験(プラセボ対照試験)を行い、体外受精サイクルにおいて、レトロゾールを併用した調節卵巣刺激による効果を検証した。

被験者は、月経周期2、3日目から排卵が起こるまで、レトロゾール5mg/日あるいはプラセボを服用した。あわせて、3日ごとに卵胞数と直径をモニタリングし、血液検査を通じてホルモン分泌量を計測した。

レトロゾールを併用した調節卵巣刺激では、卵胞期および黄体期のエストラジオール(E2)分泌量が顕著に多くなった。ホルモン分泌に対して著しい効果が認められ、卵胞期の黄体形成ホルモン(LH)、テストステロン、17-ヒドロキシプロゲステロンも増加した。

さらに月経5日目では、レトロゾールの服用によって卵胞刺激ホルモンの分泌が増え、卵胞の発育を促進させた。その結果、採卵できた卵胞数は同じであったものの、採卵時における直径16㎜以上の卵胞数はプラセボと比べて多かった。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : レトロゾール に関連する商品
  • 妊娠前のストレスが流産リスクを高める(8月18日)
  • 顆粒膜細胞は卵巣予備能力のマーカーとなる(8月12日)
  • ホルモン量を抑えることで体外受精出生率は改善する(8月9日)
  • 皮膚細胞から卵子を作製する技術研究を促進させて妊娠を可能にする(8月9日)
  • 両親の高齢化は妊娠結果に悪影響を及ぼす(8月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ