Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

PCOSによって子供の疾患リスクが高まる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























PCOSによって子供の疾患リスクが高まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
母親のPCOSが子供へ及ぼす影響
7月14日、カナダの研究チームは、「ESHRE2022」(7月3~6日、イタリア・ミラノ開催)にて、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の母親から誕生した子供は健康リスクが増加すると発表した。

母親がPCOSと診断されている場合、その子供は、13歳までの感染症やアレルギーなどの疾患リスクが増すという。なお、研究論文は「Human Reproduction 」に掲載されている。

PCOS
PCOSと子供の疾患リスクにおける関係性
研究チームは、2006年から2020年の期間、PCOSの母親から誕生した子供7160人を対象に、PCOSが子供へ及ぼす影響について検証した。

PCOSと診断された母親から誕生した子供では、性別に関係なく、PCOSと診断されていない母親の子供と比べて他の疾患による入院率は32%、感染症による入院率が34%、喘息などのアレルギー疾患による入院率では47%増加した。

また、代謝疾患、中枢神経系疾患、耳疾患、肺炎などの呼吸器系疾患、精神疾患や精神障害、行動障害の発症率も高まった。

PCOSの女性は、胎盤の異常によってアンドロゲンとインスリン抵抗性が上昇しやすい。インスリン抵抗性とは、インスリンに対する感受性が低下してインスリンの作用が正常に機能していない状態である。つまり、血糖を下げる働きのあるインスリン血中濃度が上昇しやすい。

しかしながら、今回の研究では、PCOSが子供の疾患リスクを高めるメカニズムの特定には至らなかった。

(画像はEshreより)


外部リンク

Eshre
https://www.eshre.eu/Press-Room/Press-releases-2022/


Amazon.co.jp : PCOS に関連する商品
  • 妊娠中のメンタルヘルスが妊娠期間に影響を及ぼす(10月4日)
  • 新型コロナワクチン接種によって月経周期が一時的に長くなる(10月3日)
  • 母親のPCOSは娘の思春期の発達を加速させる(9月28日)
  • 体外受精および顕微授精の新鮮胚移植では血圧が正常値であるほど出生率は高まる(9月25日)
  • 精子と卵子の受精を助けるタンパク質が発見される(9月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ