Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

父から子へ遺伝子突然変異が引き継がれると流産リスクが増す

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























父から子へ遺伝子突然変異が引き継がれると流産リスクが増す

このエントリーをはてなブックマークに追加
精子スクリーニング検査と着床前診断の有益性
7月5日、アメリカの研究チームは、「eLife」にて、精子スクリーニング検査および着床前診断によって妊娠に悪影響を及ぼす遺伝子突然変異が発見でき、流産や子供の先天性疾患を防げると発表した。

この遺伝子突然変異は精子内で起こり、受精を通じて、父から子へと引き継がれるという。父親から子供へ遺伝子突然が引き継がれると流産リスクは増し、両親共に先天性疾患がなくても子供において先天性疾患の発症リスクが高まることが認められた。

なお、研究チームによると、全ての男性が精子内にこの遺伝子突然変異を持つが、悪影響を及ぼすのは一部であるという。

突然変異
精子で生じる遺伝子突然変異が及ぼす影響
今回、研究チームは、参加同意が得られた体外受精を行うカップル3組を対象に、精子で生じる遺伝子突然変異が及ぼす影響を検証した。

提供された精子サンプルに対して全ゲノムシーケンシング解析を行ったところ55の突然変異が同定された。また、着床前診断を通じて、そのうち15は受精卵・胚へと引き継がれていることが認められた。

研究チームは、流産リスクや子供の先天性疾患リスクを高める精子の遺伝子突然が父から子へ引き継がれることを指摘し、着床前診断を行って受精・胚を選択するように推奨した。

(画像はeLifeより)


外部リンク

eLife
https://elifesciences.org/


Amazon.co.jp : 突然変異 に関連する商品
  • 胚の形態学的評価および非侵襲的着床前診断でモザイク胚の出生率が高まる(12月5日)
  • 妊娠中の腰痛や骨盤痛には鍼治療が効果的である(11月28日)
  • 精子の遺伝的変異が精子の遊泳に影響を及ぼす(11月28日)
  • 胎盤にあるタンパク質の不均衡より妊娠高血圧腎症を予測できる(11月21日)
  • 肥満は女性不妊の要因に成り得る(11月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ