Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

不妊歴があると心不全リスクが増加する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























不妊歴があると心不全リスクが増加する

このエントリーをはてなブックマークに追加
不妊が心臓代謝に及ぼす影響
4月18日、マサチューセッツ総合病院(アメリカ)は、プレスリリースを通じて、不妊歴と心不全には関連性が認められ、不妊歴のある女性では、不妊歴のない女性と比べて心不全リスクが全体で16%増加すると発表した。

つまり、不妊歴によって、心疾患リスクが予測できるといえる。なお、今回の研究論文は、「Journal of the American College of Cardiology」に掲載されている。

不妊
不妊歴と心不全の発症率における関係性
心不全は2タイプに分類され、拡張不全・拡張不全心不全(HFpEF:左室収縮能が保たれた心不全)と収縮性心不全(HFrEF:左室収縮能が低下した心不全)がある。左室駆出率が 50%未満になると左室収縮能の異常あるいは低下とみなされる。

今回の研究では、閉経後の女性38528人(14%に不妊歴あり)を対象に、不妊歴と心不全の発症率における関係性を検証した。

15年以上に亘る追跡調査を通じて、不妊歴のある女性は、不妊歴のない女性と比べて将来的な心不全リスクが16%高まることが認められた。また、将来的な拡張不全・拡張不全心不全リスクは27%増加したという。

不妊と心不全リスクにおける関係性は不明であるものの、不妊が心臓代謝の危険因子になると推測される。研究チームは、甲状腺疾患、月経不順、早期閉経といった不妊に関連する症状は、不妊と心不全における関連性から説明できると考える。

(画像はMassachusetts General Hospitalより)


外部リンク

Massachusetts General Hospital
https://www.massgeneral.org/


Amazon.co.jp : 不妊 に関連する商品
  • 母親の腸内環境が子供の成長発達に影響する(7月4日)
  • 暑くなると流産リスクが上昇する(6月30日)
  • 生殖補助医療において卵巣が一つでも二つでも出生率は変わらない(6月26日)
  • ゲノム分析から流産の可能性を予測できるようになる(6月22日)
  • 妊娠中でもコーヒーを飲んでいい(6月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ