Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

不妊治療には血管合併症および妊娠合併症リスクが伴う

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























不妊治療には血管合併症および妊娠合併症リスクが伴う

このエントリーをはてなブックマークに追加
不妊治療に伴うリスク
2月22日、米国心臓協会は、同協会プレスリリースを通じて、不妊治療により、血管合併症および妊娠合併症の発症リスクが高まると発表した。

今回の研究では、不妊治療で妊娠した場合、自然妊娠と比べて、不整脈や腎障害などの血管合併症リスク、胎盤剥離、帝王切開、早産などの妊娠合併症リスクの増加が認められた。

なお、研究論文は、「Journal of the American Heart Association」(2月22日)に掲載された。

リスク
不妊治療に伴う血管合併症および妊娠合併症リスク
近年、女性の年齢上昇に伴い、不妊治療を受ける割合は増加傾向にある。一方、母体年齢が上がると妊娠・出産リスクは高まる。特に35歳以上の女性は、妊娠中における慢性高血圧などの発症条件、妊娠合併症の発症リスクが増すという。

今回の研究では、アメリカの大規模データベース「National Inpatient Sample(NIS)」のデータ(2008年1月1日~2016年12月31日)を用いて、不妊治療に伴う血管合併症および妊娠合併症リスクを検証した。

不妊治療の有無、血管合併症と妊娠合併症の病歴に基づき、データ分析を行ったところ、不妊治療で妊娠した女性の平均年齢は35歳、自然妊娠では平均28歳であった。

不妊治療を受けた女性は、慢性高血圧、肥満、糖尿病など健康上の問題を抱えている傾向が強く、妊娠中における急性腎不全(不整脈リスク65%)の発症は2.5倍以上、常位胎盤早期剥離および胎盤剥離は57%と報告された。さらに、帝王切開リスクは38%、早産リスクでは26%増加したという。

(画像はAmerican Heart Associationより)


外部リンク

American Heart Association
https://newsroom.heart.org/


Amazon.co.jp : リスク に関連する商品
  • 妊娠前のストレスが流産リスクを高める(8月18日)
  • 顆粒膜細胞は卵巣予備能力のマーカーとなる(8月12日)
  • ホルモン量を抑えることで体外受精出生率は改善する(8月9日)
  • 皮膚細胞から卵子を作製する技術研究を促進させて妊娠を可能にする(8月9日)
  • 両親の高齢化は妊娠結果に悪影響を及ぼす(8月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ