Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

減量では不妊肥満女性の妊娠可能性を改善することができない

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























減量では不妊肥満女性の妊娠可能性を改善することができない

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠前の減量による効果
3月14日、バージニア大学(アメリカ)の研究チームは、同大学プレスリリースを通じて、原因不明の女性不妊である肥満女性の妊娠可能性は、減量によって高まることはないと発表した。

今回、不妊の肥満女性が減量したところ、メタボリック症候群は改善されたものの、残念ながら妊娠・出産率の改善効果は認められなかった。

肥満
肥満女性の減量と妊娠可能性における関係性
女性は、太り過ぎであると妊娠しにくい。肥満女性の場合、減量で妊娠可能性が高まり、肥満妊娠より減量後の妊娠のほうが安全に出産できるといわれる。それゆえ、現状、多くの専門家や医療関係者は、妊活中の肥満女性に対して減量を勧めている。

今回、研究チームは、原因不明の女性不妊である肥満女性と妊娠に関する調査「FIT-PLESE」(9医療機関、不妊症の肥満女性379人)に基づき、減量と妊娠可能性における関係性を検証した。

被験者を減量グループ(集中的な生活習慣の介入、食事制限と治療薬による減量)、減量なしグループ(減量なし、身体活動の増加)に分け、プログラム実施後に不妊治療3サイクル目を開始した。

減量グループでは16週間のプログラムを経て体重が平均7%減り、23人が出産に至った。減量なしのグループでは体重は減らなかったものの、29人が出産した。

これにより、集中的な生活習慣の介入にて減量した女性群、減量なしで身体活動のみを増やした女性群において、妊娠率および出産率に差異は認められなかった。

しかしながら、集中的な減量プログラムは、減量に加えて、メタボリック症候群、糖尿病、脳卒中や心臓病など疾患リスクを軽減し、肥満女性に健康上の利益をもたらした。不妊は健康問題と関連をもち、今後、更なる研究が期待される。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UVAHealth
https://newsroom.uvahealth.com/


Amazon.co.jp : 肥満 に関連する商品
  • 母親の腸内環境が子供の成長発達に影響する(7月4日)
  • 暑くなると流産リスクが上昇する(6月30日)
  • 生殖補助医療において卵巣が一つでも二つでも出生率は変わらない(6月26日)
  • ゲノム分析から流産の可能性を予測できるようになる(6月22日)
  • 妊娠中でもコーヒーを飲んでいい(6月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ