Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

睡眠時間は体外受精および顕微授精の結果を左右する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























睡眠時間は体外受精および顕微授精の結果を左右する

このエントリーをはてなブックマークに追加
睡眠が不妊治療に与える影響
3月8日、中国の研究チームは、「Human Reproduction」にて、夜間の睡眠時間と体外受精・顕微授精の結果には関連性があり、短い睡眠時間や質の悪い睡眠は卵母細胞の質を下げ、受精率・妊娠率の低下につながると発表した。

今回、夜間の睡眠時間が7時間未満または睡眠障害の女性では、卵子や受精卵(胚)の回収率が低下することが認められた。なお、睡眠時間と体外受精・顕微授精の結果における関係性は、母体年齢や睡眠の質によって変化するという。

睡眠
睡眠と体外受精および顕微授精の結果における関係性
これまで、睡眠・覚醒リズム(体内時計)の乱れは、生殖能力に悪影響を及ぼすといわれてきた。しかしながら、睡眠が不妊治療(体外受精、顕微授精)に与える影響は解明されていなかった。

今回、研究チームは、中国のコホート調査「Tongji Reproductive and Environmental cohort」を用いて、2018年12月から2019年9月の期間、体外受精および顕微授精1サイクル目の女性1276人を対象に、睡眠と体外受精・顕微授精の結果における関係性を検証した。

睡眠時間で比較したところ、7時間未満の睡眠時間では、8時間以上の睡眠時間より採取できた成熟卵の数が少なくなった。

あわせて、睡眠中央時刻(眠りに落ちた時刻と朝起きた時刻の中間時刻)や睡眠の質は、受精率と関連することが認められた。1週間あたり3回以上、睡眠に問題が生じた女性群では、睡眠障害のない女性群と比べて、成熟卵および正常な受精卵母細胞の数が減少し、受精卵(胚)の質が低下した。

一方、睡眠時間が長くなると、妊娠可能性の低下につながるとも報告された。睡眠時間が9時間以上10時間未満である場合、7時間以上8時間未満の睡眠時間と比べて、妊娠可能性が低くなったという。

研究チームは、短い睡眠時間や質の悪い睡眠は卵母細胞の質を下げ、成熟や受精を妨げ、結果、着床率・妊娠率の低下につながると結論付ける。

夜間の睡眠時間は、卵母細胞の質、受精卵の質、着床率や受精率と関連性をもち、特に、母体年齢が30歳以上であると、睡眠時間と受精卵の着床率・妊娠率における関連性は大きくなると説明する。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : 睡眠 に関連する商品
  • 母親の腸内環境が子供の成長発達に影響する(7月4日)
  • 暑くなると流産リスクが上昇する(6月30日)
  • 生殖補助医療において卵巣が一つでも二つでも出生率は変わらない(6月26日)
  • ゲノム分析から流産の可能性を予測できるようになる(6月22日)
  • 妊娠中でもコーヒーを飲んでいい(6月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ