Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

着床前診断の有効性は年齢と最適な胚の数によって変わる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























着床前診断の有効性は年齢と最適な胚の数によって変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性の年齢と胚移植に最適な胚の個数によって異なる
12月14日、「CALIFORNIA News Times」「THE CONVERSATION」など複数メディアは、胚移植に適した良好な胚が3個以上確保できた場合、着床前診断(PGT-A)の有効性はなく、また、38歳以下の女性では、PGT-Aによって出生率の改善効果は認められないと報じた。

今回の記事は、11月25日に「The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE」にて発表された研究論文に基づく。

出生率
PGT-Aの有効性とは
これまで、体外受精の失敗要因として、胚の染色体異常が挙げられてきた。

PGT-Aでは、体外受精によって得られた5日目以降の胚盤胞に対して、染色体の数的異常を検査する。正倍数性胚(染色体数が正常な胚)で良質な胚を選別して子宮に戻すことで、体外受精の妊娠・出生率の向上を狙う。また、PGT-Aには、流産、胎児の先天性異常を防ぐ目的もある。

研究チームは、体外受精で妊娠できない女性1212人(20~37歳)を対象にPGT-Aの有効性について検証した。なお、被験者は、PGT-Aにて最適な胚を選別して胚移植を3回以上行ったものの、全て失敗に終わり、妊娠・出産に至っていない。

胚移植に適した良好な胚が3回以上確保できた場合、PGT-A検査の有効性は認められなかった。PGT-A検査を実施した場合の出生率、PGT-A検査を未実施だった場合の出生率に大差はなかったという。

(画像はThe NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINEより)


外部リンク

The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE
https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa2103613

CALIFORNIA News Times
https://californianewstimes.com/

THE CONVERSATION
https://theconversation.com/


Amazon.co.jp : 出生率 に関連する商品
  • 妊娠前のストレスが流産リスクを高める(8月18日)
  • 顆粒膜細胞は卵巣予備能力のマーカーとなる(8月12日)
  • ホルモン量を抑えることで体外受精出生率は改善する(8月9日)
  • 皮膚細胞から卵子を作製する技術研究を促進させて妊娠を可能にする(8月9日)
  • 両親の高齢化は妊娠結果に悪影響を及ぼす(8月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ