Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

不妊治療の「保険適用」に関する当事者の意見が厚生労働省に提出される

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























不妊治療の「保険適用」に関する当事者の意見が厚生労働省に提出される

このエントリーをはてなブックマークに追加
不妊当事者のNPO団体が意見調査を実施
「不妊治療の保険適用に関する、みんなの意見募集」を実施したNPO法人Fine(ファイン)が、集まった意見を厚生労働省と野田聖子内閣府特命担当大臣(少子化対策)に提出した。

保険
2021年11月17日の第497回中央社会保険医療協議会総会で「不妊治療の保険適用」に関する検討が開始されたことで当事者の保険適用に関する意見が寄せられるようになり、NPO法人Fineは当事者の想いを厚生労働省に届けるため2021年11月26日から2021年12月5日にかけて「不妊治療の保険適用に関する、みんなの意見募集」を実施。632人の回答を得ている。

治療費に関する意見が最多
集められた意見によると、不妊治療の保険適用に対して期待することは「治療費が安くなる」という意見がもっとも多く、次いで「不妊治療の『質の標準化』が期待できる」「不妊治療をすぐ開始することができる」という意見が多く寄せられた。

逆に気がかりなことについては「かえって治療費全体が高額になるのではないか」「助成金がなくなるのではないか」「年齢や回数の制限が設けられるのではないか」という意見が上がった。

期待することも気がかりなことも治療費に関する内容という結果となったが、期待する理由としては経済的負担の軽減やクリニックによる治療費の差がなくなることが上がっており、気がかりとする理由は「自費診療になってしまって助成金がなくなればもっと治療費用が高額になってしまう」「保険適用外のものがこの機会に値上げされるかもしれない」といった意見が寄せられている。

(画像はNPO法人Fineのプレスリリースより)


外部リンク

NPO法人Fineのプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

NPO法人Fine公式ホームページ
https://j-fine.jp


Amazon.co.jp : 保険 に関連する商品
  • 母親の腸内環境が子供の成長発達に影響する(7月4日)
  • 暑くなると流産リスクが上昇する(6月30日)
  • 生殖補助医療において卵巣が一つでも二つでも出生率は変わらない(6月26日)
  • ゲノム分析から流産の可能性を予測できるようになる(6月22日)
  • 妊娠中でもコーヒーを飲んでいい(6月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ