Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

凍結融解胚移植では女性ホルモンが出生率に影響する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























凍結融解胚移植では女性ホルモンが出生率に影響する

このエントリーをはてなブックマークに追加
凍結融解胚移植の成功率を左右する要因
9月18日、エメック・メディカルセンター、テクニオン・イスラエル工科大学(共にイスラエル)の研究チームは、「Journal of Assisted Reproduction and Genetics」にて、プロゲステロンとエストロゲンが凍結融解胚移植の出生率に影響を与えると発表した。

プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵巣ホルモン)は、卵巣から分泌される女性ホルモンであり、月経周期内で分泌量が変動する。

女性ホルモン
血中プロゲステロンおよびエストロゲンと凍結融解胚移植の出生率における関連性
研究チームは、2010年12月から2019年6月の期間、不妊治療患者568人(凍結融解胚移植921サイクル)を対象にデータ分析を行い、プロゲステロンおよびエストロゲンが凍結融解胚移植の出生率に与える影響を検証した。

今回、分析対象となったのは、患者自身の卵母細胞を用いた凍結融解胚移植サイクルであり、全てのサイクルにおいて、エストロゲン製剤「Estrofem(エストロフェム)2mg/8時間ごと経口投与」およびプロゲステロン膣剤「Endometrin 100 mg/8時間ごと投与」が使用された。

患者の血中エストロゲンおよびプロゲステロンを凍結融解胚移植の14日後に測定したところ、血中プロゲステロン量が出生率に大きな影響を与えることが確認された。プロゲステロン中央値は10.9ng/mlとなり、中央値より高い、あるいは低い場合、出生率に大きな差異が生じた。

あわせて、血中エストロゲン量と出生率においても、顕著な関連性が認められた。血中エストロゲン量が低い場合、出生率も低くなったという。

これより、研究チームは、血中プロゲステロン量および血中エストロゲン量が、凍結融解胚移植の出生率に大きく左右すると結論付ける。

(画像はJournal of Assisted Reproduction and Geneticsより)


外部リンク

Springer
https://link.springer.com/


Amazon.co.jp : 女性ホルモン に関連する商品
  • フリーマガジン「Jineko」が冬号を発刊(12月7日)
  • 「NewsPicks」の運営会社が「コウノトリBenefit」を導入(12月7日)
  • 多嚢胞性卵巣症候群に対する体外成熟培養の効果とは?(12月7日)
  • 受精卵の成長速度はBMI値に影響される(12月1日)
  • オンラインセミナーで妊活中の「お金」に関する役立つ情報を伝授!(11月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ