Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

睡眠時間と就寝時間が体外受精の成果可能性に影響する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























睡眠時間と就寝時間が体外受精の成果可能性に影響する

このエントリーをはてなブックマークに追加
体外受精の成功可能性への影響因子
8月10日、ミシガン大学の研究チームは、「Journal of Assisted Reproduction and Genetics」にて、睡眠時間が短く、就寝時間が遅い場合、体外受精の成功可能性が下がると発表した。

今回、体外受精の成功可能性は、睡眠時間および就寝時間に関連することが認められた。

睡眠
体外受精の成功可能性、睡眠時間および就寝時間における関係性
研究チームは、2015年から2017年に掛けて、大規模医療センターにて体外受精を受ける女性48人(平均年齢33歳)を対象に、前向きコホート研究(プロスペクティブ・コホート・スタディ)を実施した。

年齢、生殖ホルモンAMH(アンチミューラリアンホルモン/抗ミュラー管ホルモン)量を考慮したうえで、睡眠時間および就寝時間が体外受精の成功可能性に与える影響を検証した。

被験者の平均年齢は33歳、35歳以下は29%を占めた。また、10人の女性は夜間に中途覚醒するために睡眠時間が短く、睡眠の質は低く、胚移植の実施前に体外受精を中止している。

就寝時間が遅い女性では、就寝時間が早い女性と比べて、体外受精サイクルの失敗率(未完了率)が高まった。一方、睡眠時間が長い女性は、体外受精サイクルの失敗可能性が低下した。

なお、睡眠時間は、体外受精サイクルを開始する1、2週間前にアクチグラフィーによって評価した。アクチグラフィーでは、時計型センサーを装着することで自動的に人間の活動・休止リズムサイクルを記録し、査定する。

研究チームは、睡眠時間および就寝時間、年齢、AMH量が体外受精の成功可能性に大きく影響すると結論付けている。

(画像はJournal of Assisted Reproduction and Geneticsより)


外部リンク

Springer Link
https://link.springer.com/


Amazon.co.jp : 睡眠 に関連する商品
  • 「ヘルスリテラシー」を高めるセミナー・カウンセリングが好評開催中(10月22日)
  • 「第16回不妊治療の終結を一緒に考える会」が渋谷で開催(10月22日)
  • 新型コロナウイルスによって精子数は減少する(10月20日)
  • 遺伝子変異によって女性不妊が生じる(10月19日)
  • 精子鞭毛の形態異常によって乏精子無力症が生じる(10月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ