Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

年齢に伴って卵子の染色体異常が生じやすくなる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























年齢に伴って卵子の染色体異常が生じやすくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加
年齢上昇に伴う妊娠可能性の低下
8月24日、モントリオール大学(カナダ)の研究チームは、同大学プレスリリースを通じて、年齢に伴って、卵子における染色体異常の発生率が増し、卵子の質および妊娠可能性が低下すると報告した。

年齢の上昇と共に、卵母細胞の減数分裂で染色体分離・分配の異常が生じやすくなり、妊娠可能性が下がるという。なお、研究論文は、「Developmental Cell」に掲載されている。

卵子
年齢上昇と卵子の染色体分離・分配における異常
卵子の質は年齢と共に低下するため、35歳を超えると妊娠が難しくなるといわれる。そこで、研究チームは、年齢の高いマウスを用いた動物モデル実験を行い、女性の年齢と卵子の質における関係性を検証した。

実験を通じて、年齢の高いマウスの卵子(卵母細胞)では、減数分裂において染色体の分離に遅延が生じることが認められた。この染色体分離の遅延によって染色体は均等に分配されず、染色体異数性(染色体数の過小・過剰による異常数、対になる染色体に過剰や欠損がある状態)を伴う卵母細胞が形成された。

卵子の染色体異常は、主な女性不妊の要因とされる。研究チームは、年齢上昇に伴い、卵子の形成過程で染色体異常の発生率が高まり、その結果、卵子の質、妊娠可能性が低下すると結論付ける。

また、今回の発見を活かすことで、35歳以上の女性において卵子の質を改善でき、妊娠可能性が高まると期待される。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Université de Montréal
https://nouvelles.umontreal.ca/

TECH EXPLORIST
https://www.techexplorist.com/


Amazon.co.jp : 卵子 に関連する商品
  • 「ヘルスリテラシー」を高めるセミナー・カウンセリングが好評開催中(10月22日)
  • 「第16回不妊治療の終結を一緒に考える会」が渋谷で開催(10月22日)
  • 新型コロナウイルスによって精子数は減少する(10月20日)
  • 遺伝子変異によって女性不妊が生じる(10月19日)
  • 精子鞭毛の形態異常によって乏精子無力症が生じる(10月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ