Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

凍結融解胚移植において卵胞期のエストラジオール投与期間が妊娠結果に影響を及ぼす

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























凍結融解胚移植において卵胞期のエストラジオール投与期間が妊娠結果に影響を及ぼす

このエントリーをはてなブックマークに追加
凍結融解胚移植サイクルにおけるエストラジオール投与の必要性
6月14日、コーネル大学医学部 不妊・生殖医療センター(アメリカ)の研究チームは、「Human Reproduction」にて、凍結融解胚移植サイクルにおいて、卵胞期のエストラジオール100pg/ml投与期間と出生率には関連性があると発表した。

卵胞期とは、卵子が放出される前の期間にあたる。今回、エストラジオール値が100pg/ml以上の場合、エストラジオール投与期間がLHサージを含む4日間未満であると、妊娠結果に悪影響を及ぼすことが認められた。

なお、LHサージとは、黄体形成ホルモン(LHホルモン)が大量に分泌される現象を指す。

エストラジオール
卵胞期のエストラジオール投与期間と妊娠結果における関係性
これまで、エストラジオール値が100pg/ml以上を超えて増加し続けることによって卵胞が淘汰され、最終的に1つの優勢卵胞が残ると考えられてきた。

研究チームは、2013年1月1日から2018年12月31日までの期間、同医療センターにて体外受精を行う女性を対象に、後向きコホート研究(レトロスペクティブスタディ:疾病の要因と発症の関連を調べるための観察的研究の手法)を行い、卵胞期のエストラジオール投与期間と妊娠結果における関係性を検証した。

調査対象者は、自分の卵子を用いた凍結融解胚移植1サイクル目でDay5胚盤胞を移植し、胚移植に伴い受精卵着床前検査(PGT‐A)を受けた。

LHサージまで4日間以上、エストラジオール血中濃度が100pg/ml以上で持続した女性群では、エストラジオール血中濃度100pg/ml以上の持続期間が4日未満であった女性群と比べ、胚移植1回あたりの妊娠率・出生率が高まった。

一方、卵胞期間と凍結融解胚移植1回あたりの出生率において関係性は認められず、卵胞期の日数に関わらず、出生率はほぼ同じとなった。

研究チームは、凍結融解胚移植のタイミングを決めるうえで、LAサージ前にエストラジオール値が100pg/ml以上で持続した期間が指標になると考える。

(画像はHuman Reproductionより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : エストラジオール に関連する商品
  • 自然妊娠児と体外受精児において冠状動脈性心疾患の発症率は大差ない(7月30日)
  • 日本初!妊活に特化した「味噌」が完売(7月29日)
  • 不妊治療中でも安心して食べられる「アイスクリーム」(7月29日)
  • 妊娠前に抗生物質を服用しても妊娠可能性に影響しない(7月27日)
  • 母体の胎児に対する免疫寛容システムには胸腺にある細胞の存在が欠かせない(7月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ