Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

ヒトパピローマウイルス感染症によって早産リスクが高まる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























ヒトパピローマウイルス感染症によって早産リスクが高まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒトパピローマウイルス感染症が妊娠に与える影響
5月26日、ヨーテボリ大学(スウェーデン)の研究チームは、同大学プレスリリースを通じて、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染した女性では、早産リスク(妊娠37週未満の出産)が増すと発表した。

なお、研究論文は、「PLOS Medicine」に掲載されている。

早産
ヒトパピローマウイルスとは
性交渉の経験がある女性のうち半数以上は、生涯で一度はヒトパピローマウイルスに感染するといわれる。多くは一過性であり、ウイルスに感染しても自己免疫力にて自然に消滅する。

一方、自己免疫力にて消滅しなかった場合、ヒトパピローマウイルス感染によって異型細胞が形成され、子宮頸癌などを発症させるという。

ヒトパピローマウイルス感染症と早産リスクにおける関連性
研究チームは、スウェーデンでの出生登録「Swedish Medical Birth Register」(1999~2016年の出産件数1044023件を含む)を用いて、ヒトパピローマウイルス感染症と早産リスクにおける関連性を検証した。

妊娠前(妊活中)および妊娠中にHPV検査を行い、陽性判定が出た女性のデータを分析したところ、ヒトパピローマウイルス感染症の治療を受けている女性の早産率は、治療を受けていない女性の早産率を比べ、低くなった。

データ分析は限定的であるが、ヒトパピローマウイルス感染症と早産リスクにおける関連性が認められた。また、研究チームは、HPVワクチンの接種を推奨する。HPVワクチンは、ヒトパピローマウイルス感染症の予防だけでなく、早産リスクの軽減にも効果的であるという。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

University of Gothenburg
https://www.gu.se/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : 早産 に関連する商品
  • 自然妊娠児と体外受精児において冠状動脈性心疾患の発症率は大差ない(7月30日)
  • 日本初!妊活に特化した「味噌」が完売(7月29日)
  • 不妊治療中でも安心して食べられる「アイスクリーム」(7月29日)
  • 妊娠前に抗生物質を服用しても妊娠可能性に影響しない(7月27日)
  • 母体の胎児に対する免疫寛容システムには胸腺にある細胞の存在が欠かせない(7月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ