Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

遺伝子変異型が男性不妊を引き起こす

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























遺伝子変異型が男性不妊を引き起こす

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性不妊と遺伝子の関連性
3月31日、トゥルク大学(フィンランド)の研究チームは、同大学プレリリースを通じて、Y染色体と男性不妊において関係性があると発表した。研究論文は「eLife」(3月30日)に掲載されている。

Y染色体
Y染色体の遺伝子変異型が男性生殖機能に及ぼす影響
今回、トゥルク大学病院にて、精子形成障害のエストニア人男性2300人以上を対象にDNA解析を行ったところ、Y染色体の特定グループに属さないサブタイプを有する男性は、生殖機能異常・男性不妊リスクが約9倍増加することが認められた。

なお、このサブタイプのY染色体をもつ男性は、ヨーロッパ系の男性に多いという。

これまで、Y染色体領域を男性不妊における関係性は立証されており、男性不妊における主な遺伝学的要因といわれる。

今回、着目されたY染色体の特定グループに属さないサブタイプは、遺伝子バリアント(変異型)であり、ゲノム再編成リスクを著しく増加させる。

ゲノム再編成(染色体の融合・分裂、ゲノム配列の逆位・転座・重複などにてゲノムが変化すること)は、精子生産・精子形成プロセスに影響を及ぼし、その結果、生殖機能異常・男性不妊リスクが約9倍まで高まった。

また、この遺伝子バリアントは、深刻な精子形成障害を引き起こすとも報告された。

今後、遺伝子バリアントによる分子診断によって不妊診断が改善され、早期不妊検査・治療が実現されると期待される。例えば、幼少期など、早期に生殖機能異常・男性不妊リスクが高い男性を特定して、早い段階から不妊治療を開始できる。

早期不妊検査・治療は、生殖機能異常・不妊男性の子供をもてる可能性を高める。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

BioNews
https://www.bionews.org.uk/page_155710

UNIVERSITY OF TURKU
https://www.ut.ee/


Amazon.co.jp : Y染色体 に関連する商品
  • 凍結融解胚移植において卵胞期のエストラジオール投与期間が妊娠結果に影響を及ぼす(6月18日)
  • 漢方の専門家によるオンラインセミナーが開催される(6月18日)
  • 【無料】不妊治療当事者向けの「オンラインイベント」が開催決定(6月18日)
  • 胎盤ホルモン量から妊娠合併症予備軍を特定できる(6月14日)
  • 女性向け情報番組に、妊活を応援する商品が登場!(6月10日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ