Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

在胎期間と子供の神経発達障害には関係性がある

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























在胎期間と子供の神経発達障害には関係性がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
在胎期間と神経発達障害リスク
4月28日、フランスの研究グループは、「BMJ」にて、早産児(在胎期間・妊娠週数37週未満)は、行動障害、学習障害などの発達障害リスクが高まると発表した。

今回、極早産(妊娠22~26週)、中等度早産(妊娠27~34週)において中等度から重度の神経発達障害リスクが増すことが認められた。

早産
早産児と発達障害における関係性
研究グループは、早産児の神経発達状況に関するコホート研究「EPIPAGE-2」の一貫として、フランスの子供3083人(5歳半)を対象に、妊娠35週未満(妊娠24~26週/27~31週/32~34週)で誕生した早産児と満期産で誕生した子供の神経発達を比較した。

あわせて、脳性麻痺、感覚障害(視覚・聴覚障害)、脳機能障害(認知障害)、行動障害・運動障害など神経発達を検査したところ、例えば、中等度から重度の発達障害率は、在胎期間が短いほど高くなった。(妊娠24~26週:28%/27~31週:19%/32~34週:12%)

研究チームは、親の養育行動・態度や家庭環境が子供の行動に対して大きく影響を及ぼすが、早産児を対象とした大規模な出生コホート研究を通じて、早産児は中等度から重度の神経発達障害リスクが増すと結論付けている。

(画像はBMJより)


外部リンク

BMJ
https://www.bmj.com/content/373/bmj.n741

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/


Amazon.co.jp : 早産 に関連する商品
  • 凍結融解胚移植において卵胞期のエストラジオール投与期間が妊娠結果に影響を及ぼす(6月18日)
  • 漢方の専門家によるオンラインセミナーが開催される(6月18日)
  • 【無料】不妊治療当事者向けの「オンラインイベント」が開催決定(6月18日)
  • 胎盤ホルモン量から妊娠合併症予備軍を特定できる(6月14日)
  • 女性向け情報番組に、妊活を応援する商品が登場!(6月10日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    妊活基本情報



    お問い合わせ