Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

「35歳から」の妊活をテーマとしたサポートグループ

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























「35歳から」の妊活をテーマとしたサポートグループ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サポートグループ
参加は無料。プライバシー面も安全
「大阪府不妊専門相談センター」が2018年6月から7月にかけて「35歳からの治療・妊娠・出産」と題したサポートグループを開催する。

このサポートグループは、同じような悩みや経験をもつ人たちが、普段はあまり話すことのできない「不妊」について語り合う場で、隔週土曜日の10時から12時まで開催となる(全5回)。

助産師がファシリテーター(進行役)として同席し、自由で安心して話せる場所づくりに協力する。またプライバシーも厳守されるので安全、安心だ。

場所は大阪市中央区の「ドーンセンター」4階調理室。グループのテーマを自分の問題だと感じる女性が対象で参加費は無料(事前申込制、先着順)。

「大阪府不妊専門相談センター」公式ホームページ内の応募フォームのほか、電話、ファックス、メールでの申込みも可能となっている。

第3回は誰でも参加OKの「公開講座」
2018年6月30日(土曜日)のサポートグループ第3回は、場所を「中会議室1」(ドーンセンター4階)にうつしての公開講座となる。

テーマは「何から始める?不妊治療~治療のファーストステップ&ステップアップ~」。「HORAC グランフロント大阪クリニック」の浅井淑子医長が講師を担当し、不妊の検査・治療の内容についてわかりやすく解説する。

公開講座はテーマに興味のある人なら性別を問わず参加可能だが、通常サポートグループ同様事前申込みが必要となる。

(画像は大阪府不妊専門相談センター公式ホームページより)


外部リンク

大阪府不妊専門相談センター公式ホームページ
http://www.dawn-ogef.jp
Amazon.co.jp : サポートグループ に関連する商品



  • 着床前診断に次世代シーケンシングを組み合わせる(12月14日)
  • 「jineko」が大幅リニューアルを敢行(12月14日)
  • 肥満治療は妊活前に行うべきである(12月14日)
  • 3代目「大人の青汁」が発売される(12月14日)
  • スマートフォン使用が女性不妊の要因に成り得る(12月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    妊活基本情報



    お問い合わせ