Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

子宮内人工授精は効果的である

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























子宮内人工授精は効果的である

このエントリーをはてなブックマークに追加
子宮内人工授精の効果
オークランド大学の研究チームは、「The Lancet」にて、排卵誘発剤「クロミフェン」を併用する子宮内人工授精(IUI)の妊娠率は、症状があるものの不妊治療を受けていない女性と比べ、3倍以上になったと発表した。

人工授精
子宮内人工授精とは
子宮内人工授精は、精液を子宮へ直接注入して、卵子との自然受精を促す。体外受精より費用的・身体的負担が小さい。体外受精1サイクルに対して、子宮内人工授精3、4サイクルが同効果であるといわれる。

初の試みとなる臨床試験
研究チームは、2013年3月から2016年5月に掛けて、カップル201組を対象に、クエン酸クロミフェンを用いた子宮内人工授精の効果を検証した。被験者を半数ずつ、クエン酸クロミフェンを用いた子宮内人工授精を行うグループ、不妊治療を行わないグループに分けた。

比較臨床試験の結果より、排卵誘発剤を併用した子宮内人工授精では、31人の子供が誕生した。シンディ・ファーカー(Cindy Farquha)教授は、不妊治療なしのグループと比べ、子宮内人工授精の効果が認められたと述べている。なお、クエン酸クロミフェン併用の子宮内人工授精に関する臨床試験は、初の試みである。

(画像はPixabayより)


外部リンク

THE UNIVERSITY OF AUCKLAND
https://www.auckland.ac.nz/


Amazon.co.jp : 人工授精 に関連する商品



  • 妊活での「気持ちのすれ違い」に関する記事が公開(10月24日)
  • 糖尿病予備軍の男性は不妊である可能性が高い(10月23日)
  • 「男性不妊」のインタビュー記事第2弾が公開(10月22日)
  • 免疫システムの抑制により早産を止める(10月22日)
  • 健康な母子には妊娠39週での誘発分娩が有益である(10月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->