Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

「精液検査」を確立するためのクラウドファンディング

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























「精液検査」を確立するためのクラウドファンディング

このエントリーをはてなブックマークに追加
クラウドファンディング
ヒトより家畜の方が研究が進んでいる!?
READYFOR株式会社が運営するクラウドファンディングサイト「Readyfor」で、株式会社ダンテが「世界初!精液を男性の検査として確立させたい!」と題したプロジェクトが現在出資を募集中だ。

家畜の人工授精では受精率を上げるために精液の成分が研究されているが、ヒトの精液に関してはほとんど研究が進んでいない。

精液は男性の体力低下やホルモン不足、さらにはがんリスクを如実に反映することが研究の結果わかっているにも関わらず、精液に含まれている微量成分を分析することはほとんど行われない。

不妊治療での精液検査も精子の運動率や濃度、精液量など物理的・形態学的な検査が中心となっているのが実情だ。

株式会社ダンテは精液に含まれる成分の分析方法を研究しており、これらの検査を郵送検査キットとして確立すべく開発を進めている。

男性も妊活に参加できる社会を
不妊の約半数は男性に原因があるにもかかわらず、「婦人科へ行くことがためらわれる」「平日の受診がむずかしい」などの理由で男性は積極的な妊活に取り組みにくい実情がある。

「精液の郵送検査」が確立されれば、自宅から自身の状態をスクリーニングすることが可能となり、妊活への理解や夫婦2人3脚での妊活につながることが期待できる。

今回のクラウドファンディング参加者には、2017年11月下旬に「郵送検査キット」が送付される。12月15日までに精液検体を郵送すると2018年3月下旬に検査結果とプロジェクト報告書が送付される予定となっている。

(画像はReadyforより)


外部リンク

Readyfor
https://readyfor.jp
Amazon.co.jp : クラウドファンディング に関連する商品



  • 睡眠時間が精子の染色体正常率に影響を与える(10月21日)
  • 妊娠期における睡眠不足は妊娠糖尿病のリスクを高める(10月21日)
  • 神戸のクリニックが「患者の会」参加を呼び掛ける(10月15日)
  • 口コミで人気!「Eggy」の妊活相談(10月13日)
  • 【福島県】3都市で「不妊セミナー」開催(10月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->