Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠中の女性はインターネットにて情報収集する

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠中の女性はインターネットにて情報収集する

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠期における薬剤使用と情報収集
アルスター大学看護学部看護保健研究センターは、「Journal of Advanced Nursing」にて、妊娠期における薬剤使用に関する具体性な勧告が少ない理由より、妊娠中の女性はインターネットにて情報検索・収集する傾向にあると発表した。

情報収集
過半数以上がインターネット検索
研究チームは、2013年1月から3月に掛けて、女性284人を対象に、妊娠期における薬剤使用の安全性や危険性に関する情報収集について調査を実施した。

39%の女性は妊娠期に薬剤を使用し、うち76%は薬剤使用の安全性に関する情報をインターネットにて収集すると回答した。鎮痛剤服用に関する内容が最も多く検索されたことが確認された。

また、年齢・学歴不問では、回答者90%が妊娠した場合にインターネットより薬剤使用に関する情報を収集する意向があると報告されている。高学歴の女性では46%が薬のオンライン販売を安全であると考え、低学歴の女性と比べ、高い割合となった。

インターネット情報に対する信頼性
マレーネ・シンクレア(Marlene Sinclair)教授は、調査規模は小さいが、今回の調査結果より、インターネット情報は妊娠中の女性に対して非常に大きな影響を与え、妊娠中の女性はインターネット情報に基づき、薬剤使用を決める傾向にあると述べている。

しかしながら、インターネット上の薬剤使用に関する情報の取捨選択は簡単ではない。確固とした証拠により、妊娠期における服薬の安全性が証明されているのか熟考する必要がある。

(画像はPixabayより)


外部リンク

WILEY
http://newsroom.wiley.com/

Wiley Online Library
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jan.13387/full


Amazon.co.jp : 情報収集 に関連する商品



  • 肥満は精子の質や精液量に悪影響を与える(11月16日)
  • 「カラダのキモチ」が妊娠できる身体づくりを応援(11月15日)
  • キスが体外受精を成功させる(11月13日)
  • 銀座で「体験型スペシャル妊活セミナー」開催(11月13日)
  • BPAは胎児の健康に影響を与える(11月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->