Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

京都市の病院が「再生医学」の研究所と連携

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























京都市の病院が「再生医学」の研究所と連携

このエントリーをはてなブックマークに追加
ES細胞
不妊治療で生じた胚を再生医療に活用
京都市中京区にある「足立病院」の畑山博院長と中山貴弘副院長が2017年07月4日におこなわれた「京都大学ウイルス・再生医科学研究所」の記者会見に出席したことが、病院のホームページで公表された。

ES細胞
「京都新聞」の報道によると、足立病院は京都大学ウイルス・再生医科学研究所と連携しており、不妊治療の過程で生じる受精した胚のうち、破棄する予定のものを、両親の同意の上で「再生医療用のヒトES細胞」に関する研究のために提供。

2017年度中には再生医療用ヒトES細胞の分配開始をめざしているという。

家族をトータルサポートする病院
1902年に開設された足立病院は、創立以来100年以上の間「女性の一生涯の健康を見守るパートナーでありたい」をモットーに年間約1000件の不妊治療による妊娠を実現している。

「生殖内分泌医療センター」では人工授精、補助生殖技術など最先端の医療体制で不妊治療に悩むカップルをサポート。

「不妊フォーラム」の開催や「遺伝カウンセリング室」の設置など、メンタル面でも強力なバックアップ体制をしいている。

妊娠だけでなく出産や子育ての支援も充実しており、家族をトータルサポートできる病院だ。

(画像は足立病院ホームページより)

(画像は京都大学ウイルス・再生医科学研究所ホームページより)


外部リンク

足立病院
http://www.adachi

京都大学ウイルス・再生医科学研究所
http://www.infront.kyoto-u.ac.jp/

Amazon.co.jp : ES細胞 に関連する商品



  • 子宮内膜症により妊娠合併症のリスクが高まる(9月22日)
  • 「タイランドIVFサポートセンター」が個別相談会を開催(9月21日)
  • 妊活、不妊治療にかかる「お金のハナシ」を公開!(9月21日)
  • フタル酸が精子の質に影響を与える(9月19日)
  • 大阪市のクリニックが「ISO9001」の認証を取得(9月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->