Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

卵巣刺激ホルモン製剤の効果とは?

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























卵巣刺激ホルモン製剤の効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
卵巣刺激ホルモン製剤の効果
ドイツとオランダの研究者らは、「Human Reproduction」にて、遺伝子組換えヒト卵巣刺激ホルモン(FSH)製剤「フォリトロピン・イプシロン」(チャイニーズハムスター卵巣細胞に由来)の投与による薬物動態と薬力学について発表した。

薬物動態では、生体が薬物を摂取・投与した後、体内にて生じる変化・作用を吸収・分布・代謝・排出より分析する。薬力学は、生体と薬物の相互作用を定性的、定量的に考察する。

卵巣刺激ホルモン製剤
卵巣刺激ホルモン製剤を用いた臨床試験
研究チームは、閉経した女性を対象に、卵巣刺激ホルモン製剤「フォリトロピン・イプシロン」の投与量を変えて、女性の尿内に含まれる卵巣刺激ホルモン量を測定した。

単回投与、多回投与において、最高血中濃度や濃度時間曲線下面積は、卵巣刺激ホルモン製剤の投与量に伴い、増加した。

投与量による効果
卵巣刺激ホルモン製剤「フォリトロピン・イプシロン」を2日に1回150IUの投与は、排卵誘発剤注射「ゴナールF」を1日1回150IUの接種と比べ、卵胞の成長速度が速められた。

臨床試験を通して、卵巣刺激ホルモン製剤「フォリトロピン・イプシロン」は、卵胞成長を促し、インヒビンB量を加減する効果が認められた。

インヒビンBは、卵巣刺激ホルモンを抑制する作用がある。卵胞成長に伴って分泌量が増加し、排卵後は急激に減少する。インヒビンB量の減少により、卵巣機能は低下するといわれる。

(画像はPixabayより)


外部リンク

Human Reproduction
https://academic.oup.com/


Amazon.co.jp : 卵巣刺激ホルモン製剤 に関連する商品



  • 妊娠中には解熱鎮痛薬の服用を控えるように(6月28日)
  • 「人生の四季」に寄りそう相模原市のクリニック(6月28日)
  • 排卵誘発効果と卵胞刺激ホルモン量は相関関係ではない(6月26日)
  • 不妊治療クリニック監修の「妊活レシピ」(6月25日)
  • 大阪市のクリニックがセミナーを開催(6月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->