Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

男女産み分け

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























男女産み分け

このエントリーをはてなブックマークに追加
男女産み分けの現実
現在、体外受精において着床前受精卵遺伝子スクリーニング(PGS)より男女産み分けは可能である。

体外受精後に希望する性別の受精卵を選び、その受精卵を子宮へ戻すことで希望に添った性別の胎児を妊娠・出産できるという。しかしながら、男女産み分けに関しては社会的、倫理的議論が依然として残っている。

男女産み分け
男女産み分け方法
現在、男女産み分けを可能にする技術・方法は、精子選択、妊娠中絶、着床前受精卵遺伝子スクリーニング(PGS)と3種類ある。

精子選別では、84%から92%の正確性で産み分けが実現できるという。ただし、アメリカでは実施不可である。

妊娠中絶は出生前診断後に選択することにより男女産み分けは可能となるが、倫理上、問題視されている。

また、着床前受精卵遺伝子スクリーニング(PGS)は、受精卵の着床に悪影響を与えるリスクがあると言われている。さらに、米国生殖医学会は、単なる性別判明を目的に着床前受精卵遺伝子スクリーニング(PGS)を行うことを推奨していない。

世界の着床前診断(PGD)事情
ヨーロッパ諸国は、遺伝子疾患や染色体異常を回避する目的では着床前診断(PGD)が認められている。一方、アメリカでは着床前診断(PGD)を規制する法律はなく、アメリカでは男女産み分けを自由に行える。

現在、北米、ヨーロッパ諸国、アジアなど世界の国々では、染色体異常、異数性スクリーニング、男女産み分け、単一遺伝子疾患、HLAタイピング、X連鎖遺伝疾患を目的とした着床前診断(PGD)が実施されている。

(画像はイメージです)


外部リンク

MD
http://www.hcplive.com/news/

Whatech
http://www.whatech.com/

着床前診断
http://ja.wikipedia.org/wiki
Amazon.co.jp : 男女産み分け に関連する商品



  • 新たな出生前診断技術が開発される(6月24日)
  • 製薬会社がアンケート調査の結果を公開(6月23日)
  • 女児の筋力はビタミンD量に関係する(6月23日)
  • 妊娠期に三種混合を接種することにより子供へ免疫が引き継がれる(6月20日)
  • 「鍼治療」で精液所見が改善(6月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    妊活基本情報



    お問い合わせ