Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠期の飲酒は流産リスクを高める

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠期の飲酒は流産リスクを高める

このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠期のアルコール摂取によるリスク
ヴァンダービルト大学医療センターの研究チームは、「Clinical and Experimental Research」にて、妊娠期のアルコール摂取は、摂取量に関わらず、流産リスクを増加させると発表した。

妊娠期に飲酒した女性は、たとえ少量であっても、全く飲酒していない女性と比べ、流産リスクが19%増になると報告された。

アルコール
妊娠期のアルコール摂取と流産における関係性
研究チームは、1970年から2019年に掛けて発表された、アルコール摂取と流産の因果関係に着目した研究論文24文献を対象にシステマティックレビューとメタ解析(統合解析)を行った。

妊娠期のアルコール摂取と流産における関係性を検証したところ、1週間あたりのアルコール摂取量が5杯未満である場合、1杯増すごとに流産リスクが6%増加した。

アルコールは、胎児の酸化ストレスを増加させ、細胞にダメージを与え、流産を引き起こす。それゆえ、妊娠期の飲酒は、胎児性アルコール症候群など妊娠に悪影響を及ぼし、流産リスクを高める。

また、妊娠が成立した場合、妊娠検査薬にて陽性反応が出る以前より、胎児の成長は始まっている。受精・着床が進む超妊娠初期(妊娠0~3週)では妊娠判定はできず、この時期の飲酒が結果的に妊娠期のアルコール摂取になる。

妊娠1週目は妊娠判定ができないが、この時期の飲酒も妊娠に対して大きな影響を与えるという。研究チームは、妊娠の可能性がある状況下での飲酒は控えるように強調する。

(画像はVANDERBILT UNIVERSITY MEDICAL CENTERより)


外部リンク

VANDERBILT UNIVERSITY MEDICAL CENTER
http://news.vumc.org/
Amazon.co.jp : アルコール に関連する商品



  • 個別相談も可能「子宝セミナー」を開催(10月22日)
  • ストレスにより男の子を授かる可能性が下がる(10月22日)
  • 大気汚染曝露が流産リスクを高める(10月21日)
  • 環境ホルモンは胎盤を介して胎児の体内に蓄積される(10月21日)
  • 父親の食事が子供の心臓に長期的な影響を与える(10月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->