Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

妊娠・授乳中の女性は人工甘味料の摂取を少量にとどめる

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























妊娠・授乳中の女性は人工甘味料の摂取を少量にとどめる

このエントリーをはてなブックマークに追加
人工甘味料による影響
米国国立糖尿病・消化器・腎疾病研究所(NIDDK)の研究チームは、「Frontiers in Microbiology」にて、妊娠・授乳中の母マウスに人工甘味料「スクラロース」「アセスルファムK」を摂取させたところ、子マウスの代謝に対して悪影響を及ぼし、腸内細菌(マイクロバイオーム)が変化したと発表した。

「スクラロース」「アセスルファムK」は、炭酸飲料、スポーツサプリメント、甘味製品などに含まれる。これまで、砂糖の代用となる人工甘味料(非栄養甘味料)は、適量にて使用する場合、安全であると考えられてきた。事実、大人が人工甘味料を適量にて使用する場合、健康影響はないという。

しかしながら、甘味料は、母親の胎盤や母乳を介して、子供に対して少量が受け渡され、妊娠・授乳中の母親が甘味料を摂取することにより、子供の代謝、マイクロバイオームに変化が生じた。

人工甘味料
妊娠・授乳中の母親における人工甘味料の摂取量と子供への健康影響
研究チームは、妊娠・授乳中の母マウスに「スクラロース」「アセスルファムK」を1日摂取許容量、あるいは1日摂取許容量の2倍量を摂取させ、健康影響を検証した。

子マウスの血液、排出物を解析したところ、人工甘味料による代謝や腸内細菌への影響が認められた。子マウスへの曝露は少量であったが、母マウスが人工甘味料を1日摂取許容量、あるいは1日摂取許容量の2倍量にて摂取した場合、代謝における変化は顕著であった。

人工甘味料を1日摂取許容量の2倍量にて摂取した母マウスは、人工甘味料の摂取量が1日摂取許容量である母マウスと比べ、代謝変化が非常に大きかった。

また、子マウスの肝機能も影響を受け、血液中の毒素を分解する働きは衰え、腸内の細菌代謝物が劇的に変化した。腸内細菌の変化は2型糖尿病や肥満に類似し、インスリン分泌、炎症、腸内細菌の変化を引き起こす糖の影響が拡大し、脂肪の蓄積を促し、2型糖尿病を誘発することが認められた。

人工甘味料は、食品・飲料からマウスウォッシュ、歯みがき粉、薬剤に至るまで幅広く使用され、完全に排除することは容易でない。しかしながら、研究チームは、妊娠・授乳中の女性に対して、人工甘味料の含有量を確認したうえで摂取量を1日摂取許容量以下、可能な限り少量にするように推奨する。

(画像はPixabayより)


外部リンク

Frontiers in Microbiology
https://www.frontiersin.org/

NEWS MEDICAL
https://www.news-medical.net/
Amazon.co.jp : 人工甘味料 に関連する商品



  • 胎盤イメージングにより妊娠初期の合併症を診断できる(11月14日)
  • 「男性不妊」の体験記が第2回を公開(11月12日)
  • 「NPO法人Fine」が12月のカウンセリング日程を公表(11月11日)
  • 「東京新聞」が男性不妊体験者の連載を開始(11月11日)
  • モザイク胚は子供の健康に問題ない(11月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->