Google+
妊活・卵活ニュース
 妊活・卵活ニュース

女性院長が「40代」の妊活戦略を伝授

着床前診断
産み分け
カラダ
不妊治療
社会
書籍
その他
新着ニュース30件






























女性院長が「40代」の妊活戦略を伝授

このエントリーをはてなブックマークに追加
40代には、40代の戦略がある!
株式会社KADOKAWAが運営する「ダ・ヴィンチニュース」が、2019年6月21日に「40代の妊活は20代・30代とはどう違う? 治療法・注意ポイントとは」と題した記事を公開した。

ダ・ヴィンチ
記事の執筆者は「ポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ」の清水なほみ院長。日本産婦人科学会専門医である清水院長は、NPO法人女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長として、悩みはあるが病院に行きづらいという人たちをサポートしている。

ダ・ヴィンチ
記事によると、40歳を過ぎた人が妊娠するには20代の頃とは違った戦略が必要であり、また40代でも年齢によって戦略は変わってくるという。

生殖補助医療(体外受精)の妊娠率は43歳から44歳ぐらいでゼロに近くなるため、記事では43歳以上で妊娠を希望する人は、不妊専門の病院に相談することをすすめている。

また、妊活をはじめる前に婦人科系の病気や乳がん、生活習慣病、甲状腺機能の検査をすることもすすめている。

駅から徒歩8分。土曜日午後も開院
横浜駅から徒歩8分の場所にある「ポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ」は、婦人科のほかに女性内科・女性心療内科・美容内科の治療も手がけているクリニック。

スタッフは全員女性なので女性特有の悩みも気軽に相談可能。適切な検診や診療メニューを案内してくれる初診受付のコンシェルジェがいるので「何の検診を受ければよいかわからない」という人も安心だ。

診療時間は午前が10時から13時、午後は14時から18時となっている(水曜日・日曜日・祝日は休診)。

(画像はダ・ヴィンチニュースより)
(画像はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ公式ホームページより)


外部リンク

ダ・ヴィンチニュース
https://ddnavi.com

ポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ公式ホームページ
https://www.vivalita.com


Amazon.co.jp : ダ・ヴィンチ に関連する商品



  • 胎盤イメージングにより妊娠初期の合併症を診断できる(11月14日)
  • 「男性不妊」の体験記が第2回を公開(11月12日)
  • 「NPO法人Fine」が12月のカウンセリング日程を公表(11月11日)
  • 「東京新聞」が男性不妊体験者の連載を開始(11月11日)
  • モザイク胚は子供の健康に問題ない(11月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->